Entries

【緊急声明】外務大臣・JICA理事長宛「農民の分断と招聘計画の即時中止の要求」

*JICAへの情報照会により、「農民の同行はキャンセルになった」とのことです。岸田文雄外務大臣殿田中明彦JICA理事長殿【緊急声明】プロサバンナ事業における農民の分断と招聘計画の即時中止の要求2015年8月10日政府開発援助(ODA)「プロサバンナ事業(日本・ブラジル・モザンビーク三角協力による熱帯サバンナ農業開発プログラム)」を強行するために、モザンビークの農民を分断させようとする外務省・JICAの試み、および「農民...

【緊急要請】プロサバンナ事業マスタープランに関する公聴会やり直しの緊急要請

昨夜出された緊急要請です。==============外務大臣 岸田文雄様独立行政法人 国際協力機構(JICA) 理事長 田中明彦様 プロサバンナ事業マスタープランに関する公聴会やり直しの緊急要請 平素から、国際協力におけるNGOの活動と役割にご理解とご協力をお示し下さり、誠にありがとうございます。先般、4月18日付で、緊急声明「プロサバンナ事業でのマスタープラン初稿の開示と対話プロセスに関する抗議と要請」をお送りいたしま...

【緊急声明】プロサバンナ事業でのマスタープラン初稿の開示と対話プロセスに関する抗議と要請<

緊急声明プロサバンナ事業でのマスタープラン初稿の開示と対話プロセスに関する抗議と要請私たちは、2012年10月にモザンビーク最大の農民組織連合(全国農民連合UNAC)が、モザンビーク北部ナカラ回廊地域における「日本・ブラジル・モザンビーク三角協力によるアフリカ熱帯サバンナ農業開発(通称プロサバンナ事業)」への懸念や問題を指摘する声明を発表して以来 、その声に応え、日本の開発援助(ODA)の改善に寄与する目的で活...

【緊急報告】「全国キャンペーン プロサバンナにノー!」起ち上げを受けた日本市民社会プレスリリース

日本政府開発援助(ODA)によるモザンビーク大規模農業開発「プロサバンナ事業」に関するプレスリリースモザンビーク小農運動および市民社会による「全国キャンペーン プロサバンナにノー!」起ち上げを受けて 2014年6月2日、モザンビークにおいて、「全国キャンペーン プロサバンナにノー!」の開始が公表され、事業対象地域の小規模農民(以下小農)の代表らによる記者会見が行われました。同時に発表されたプレスリリースに...

【声明】ProSAVANA-JBMに関する緊急声明~事業の早急なる中断と迅速かつ抜本的な見直しの要請

日本のアフリカ支援にかかわる5団体より、プロサバンナ事業に関する緊急声明が初めて出されました。呼びかけ団体は、アフリカ日本協議会(AJF)、オックスファム・ジャパン、日本国際ボランティアセンター(JVC)、モザンビーク開発を考える会、ATTACジャパンの5団体です。■10月15日まで賛同団体を募集します。<=一次賛同団体は31団体に上りました。一覧は末尾に加筆されています。英語版はこちら→http://farmlandgrab.org...

Appendix

プロフィール

MozambiqueKaihatsu

Author:MozambiqueKaihatsu
「モザンビーク開発を考える市民の会」の公式サイトへようこそ!本サイトでは、モザンビークの草の根の人びとの側に立った現地・日本・世界の情報共有を行っています。特に、現地住民に他大な影響を及ぼす日本のODA農業開発事業「プロサバンナ」や投資「鉱物資源開発」に注目しつつ、モデルとされるブラジル・セラード開発についての議論も紹介。国際的な食・農・土地を巡る動きも追っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR