Entries

【署名募集】モザンビークの言論と学術の自由を守るための国際緊急署名

現地からの報道と国際的なモザンビーク研究者のネットワークで明らかになったところでは、モザンビークの最も尊敬される独立研究所の一つであるIESE(経済社会研究所)の所長であり、エドアルド・モンドラーネ国立大学経済学部教授でもあるカステル・ブランコが、「反治安維持罪(国家反逆罪に近いニュアンスですがこちらの訳の方が正確なので修正します)」で訴追される寸前まで来ています。

10月の大統領選挙のキャンペーンが始まる前に、政権に批判的な声を封じ込めようという狙いと考えられます。

世界的に著名なモザンビーク研究者であり、ジャーナリストでもあるジョセフ・ハンロン(Open University)のモザンビーク情報誌「Mozambique」の256号でも報道されている通り、本日(月曜日)に検察に呼び出されています。

これは、2013年11月の以下の記事の続報です。
【共有】最も尊敬される研究所IESE所長が大統領宛「公開書簡」でファシスト化を批判
http://mozambiquekaihatsu.blog.fc2.com/blog-entry-56.html

詳細は以下の呼びかけ文やハンロンの記事にもありますが、この訴追劇は、ゲブーザ政権による汚職と腐敗、去年のレナモの党首の拠点への軍事攻撃とその後の軍事行動、貧富の格差の増大などを受けて、「ゲブーザ大統領退陣呼びかけ
文」を自分のフェースブックに掲載したところに端を発しています。このFB記事は独立系新聞(MediaFaxとCanalMoz)にも転載され、国内外で大きな反響を呼びました。しかし、その内容は、事実に基づいた分析が行われており、「本当のこ
とを書いただけ」でした。

そのことに気分を害するとともに、影響を懸念したゲブーザ政権とその周囲は、カステロ・ブランコと記事を掲載した政権に批判的な2紙を「国家の安全保障を乱した罪」に問う準備をしてきました。「アフリカではよくあること・・・」と思われるかもしれませんが、モザンビークでは前例がないことで、世界的にも著名である種「守られている」カステル・ブランコと最も批判的なこれら2紙が休刊に追い込まれると、一気にモザンビークの言論空間の自由は消滅していく瀬戸際にあります。

批判されるべき問題を生み出しているのはこの政権自身であり、その批判をこのような形で封じ込めることは、政権にフリーハンドを与えることになり、次の大きな問題につながっていくことでしょう。

そこで、世界のモザンビーク研究者らで、署名キャンペーンを始めています。
起草者は、ロンドン大学SOASの研究者らで、既に世界的に著名なモザンビーク研究者らでの署名第一陣が、所管のマプート検察に提出されました。現在、大規模な署名集めを行うため、CHANGE.ORGにサイトが設置されました。モザンビーク研究者以外の皆さんでも、一般市民でも、賛同署名は可能です。ぜひ、ご協力お願いいたします。

=======================
「モザンビークにおける言論と学術の自由を守ろう」 署名キャンペーン
モザンビーク・社会経済研究所(IESE)所長のカステル・ブランコ教授の「国家反逆罪」訴追をストップ
http://www.change.org/en-GB/petitions/office-of-the-attorney-general-in-maputo-defend-freedom-of-speech-and-academic-freedom-in-mozambique-2?share_id=oLWQWhowmC&utm_campaign=autopublish&utm_medium=facebook&utm_source=share_petition&ref=nf

========================

これはカステル・ブランコ一人、あるいは IESE、あるいは新聞の話に留まらず、現在人びとを犠牲にする形の開発を続ける政権批判をするモザンビークの農民組織や市民社会の今後の言論や活動、運動にも大きな、悪い影響を及ぼすこと
になるでしょう。そして、この件については、モザンビーク国内の研究者や大学関係者から不気味なほど何一つ声が聞こえてきません。皆「明日は我が身」ということで、身動きが取れず、状況を見守っているようです。彼らの分も国外にいる者が出来ることをやる必要があります。

是非、以下ご一読下さり、ご賛同の場合はChange.orgまで。
署名している世界のモザンビーク研究者たちは、「これでビザが降りなくなる」ということで自らの行動を縛る考え方をしていない点が、嬉しいところです。そして、モザンビーク在住者では唯一起草者に名前を連ねたヤスフ・アダムのこの勇気ある行動に敬意を評したいと思います。

日本でも人気の高いイマニュエル・ウォーラスティン先生も起草者として署名しています。
皆さまも、是非。

==========================================================
Petitioning Office of the Attorney General in Maputo
Defend freedom of speech and academic freedom in Mozambique

In December 2013, the Office of the Attorney General in Maputo opened a criminal case against Mozambican economist Professor Carlos Nuno Castel-Branco, after he expressed strong criticism of the President of Mozambique in a public Facebook post. The law of Crimes Against State Security has been invoked.

Carlos Nuno Castel-Branco is a well-known Mozambican academic whose work on the country’s economic transition and extractive industries is internationally respected. He is a Professor of Economics at Universidade Eduardo Mondlane in Maputo, a Research Associate at SOAS, University of London, and a founding member of IESE (the Institute of Economic and Social Studies) in Maputo.

In May 2014, IESE, of which Castel-Branco is a former director, was given a peremptory eviction order from the premises it has rented since 2007. The ownership of the building has recently been transferred to a State Agency.

IESE is one of the leading independent research centres in Mozambique. Research supported or conducted by IESE has contributed to academic and policy debates about poverty reduction, democratic governance and Mozambique's developmental challenges. Since its foundation, IESE has been committed to supporting young Mozambican researchers and advancing world class Mozambican scholarship as well as hosting scholars from around the world interested in the study of Mozambique.

As academics and researchers we deplore any and all measures curtailing academic freedom in Mozambique and call on all parties to defend the right to debate and dissent.

We appeal to the Attorney General to protect fundamental civil liberties including freedom of expression, a key part of the democratic process that needs to be enhanced and consolidated in Mozambique.


Yussuf Adam, Departamento de História, Universidade Eduardo Mondlane, Maputo
Riccardo Bellofiore, Department of Economics, University of Bergamo, Italy
David Birmingham, School of History, University of Kent
Ray Bush, POLIS, University of Leeds
Lídia Cabral, Institute of Development Studies, University of Sussex
Michel Cahen, CNRS "Les Afriques dans le monde" Center, Institute for Political Studies, Bordeaux
Cláudia Castelo, Centro Interuniversitário de História das Ciências e da Tecnologia, Universidade de Lisboa
Blessings Chinsinga, Department of Political and Administrative Studies, University of Malawi
Christopher Cramer, Department of Development Studies, SOAS, University of London
Elma Doeleman, Polytechnic of Namibia, Windhoek
Tomaso Ferrando, Sciences Po Law School, Paris
Ben Fine, Department of Economics, SOAS, University of London
Sayaka Funada-Classen, Graduate School of Tokyo University of Foreign Studies
Yao Graham, Third World Network-Africa, Accra
Amanda J Hammar, Centre for African Studies, University of Copenhagen
Paolo Israel, History Department, University of the Western Cape
Deborah Johnston, Department of Economics, SOAS, University of London
Kazimierz Laski, Johannes Kepler University of Linz and the Vienna Institute for International Economic Studies
Francisco Louçã, ISEG, Instituto Superior de Economia e Gestão, University of Lisbon
Dale T. McKinley, Independent writer, researcher and lecturer, Johannesburg, South Africa
Nicolas Meisel, Agence Française de Développement
William Minter, Editor, AfricaFocus Bulletin
Machiko Nissanke, Department of Economics, SOAS, University of London
Isabela Nogueira de Morais, Institute of Socioeconomics, University of Geneva
Ricardo Soares de Oliveira, Department of Politics and International Relations, Oxford University
Carlos Oya, Department of Development Studies, SOAS, University of London
Nicolas Pons-Vignon, School of Economic and Business Sciences, University of the Witwatersrand, Johannesburg
Isabel Raposo, Faculdade Arquitectura, Universidade de Lisboa
Paolo de Renzio, International Budget Partnership and Pontifical Catholic University, Rio de Janeiro
Simon Roberts, Centre for Competition, Regulation and Economic Development, University of Johannesburg
Alfredo Saad Filho, Department of Development Studies, SOAS, University of London
Michel Samuel, Département de sociologie, Université Paris 8
John S. Saul, Department of Political Science, York University, Toronto
Malcolm Sawyer, Leeds University Business School, University of Leeds
Ian Scoones, Institute of Development Studies, University of Sussex
Jan Toporowski, Department of Economics, SOAS, University of London
Mario Seccareccia, Department of Economics, University of Ottawa
Patrice Vermeren, Département de philosophie, Université Paris 8
Immanuel Wallerstein, Sociology Department, Yale University
Gavin Williams, St Peter's College, Oxford.
Rosa Williams, International Studies Group, University of the Free State
Philip Woodhouse, IDPM, University of Manchester






スポンサーサイト

Appendix

最新記事

カテゴリ

プロフィール

MozambiqueKaihatsu

Author:MozambiqueKaihatsu
「モザンビーク開発を考える市民の会」の公式サイトへようこそ!本サイトでは、モザンビークの草の根の人びとの側に立った現地・日本・世界の情報共有を行っています。特に、現地住民に他大な影響を及ぼす日本のODA農業開発事業「プロサバンナ」や投資「鉱物資源開発」に注目しつつ、モデルとされるブラジル・セラード開発についての議論も紹介。国際的な食・農・土地を巡る動きも追っています。

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR