Entries

【ご報告】来日企画収支会計報告+引き続きのご寄附のお願い


「モザンビーク開発を考える市民の会」です。

モザンビーク農民組織並びに市民社会代表の来日にご協力くださり、ありがとうございます。お蔭さまで、2月24日から来日していたモザンビーク代表3名の日程も終了し、昨日成田から元気に帰国の途におつきになられました。今回の来日は、市民の皆様方、一人ひとりのご協力があって初めて実現したものでした。この場をお借りし、「モザンビーク開発を考える市民の会」一同、心よりお礼申し上げます。

急きょ決定した北海道でのイベントも、現地の農民との出会い、農民同士の悩みの語り合いなどを経て、大変実りの多いものになりました。極寒の北海道でありましたが、「寒い、寒い」といいながらも、あと1週間は滞在して彼らの有機農業技術などを学びたかった・・・と心から残念がってらっしゃいました。そのような農民間交流を応援する動きもできないか、検討していきたいと思います。

また、今回の来日で問題が解決したわけではありません。帰国の日、アウグスト・マフィゴUNAC代表がおしゃった「帰っても闘いは続く」・・・という一言が胸に突き刺さりました。引き続き、彼らの活動を応援するために、皆様のご寄附のご協力をお願いしてまいりたいと思います。(末尾に口座詳細を張り付けてあります)

まずは、下記収支報告についてご確認いただければと思います。
今回の報告会で使用したパワーポイントや撮影ビデオ、報道資料、その他の詳細については、後日このブログでアップしていきたいと思います。また、今後の活動予定などもお伝えしていきます。

是非、今後ともご協力いただけますようお願いいたします。

収支報告(2月24日~3月1日のモザンビーク市民社会来日企画)
■渡航費
首都マプート⇔東京 SA往復 176,980   3 530940
モザンビーク国内移動費(UNAC代表テテ=マプート) 28234   1 28234
空港まで交通費・移動日当 2000 3 6000

■国内移動
成田⇔都内リムジン 3000   3 9000
都内→成田リムジン(前回予算から抜けていた) 3000   3 9000
成田見送り リムジン往復 3000   2 6000
東京都内の移動(モザンビーク人3名) 2000   3 6000
北海道(飛行機・1泊x2名 楽天パック) 27100   2 54200
北海道内同行者宿泊費1名 7999   1 7999
新宿駅⇔ホテル往復 710   2 1420
飛行機遅延・表敬に間に合わせるためのタクシー代 6270   1 6270
ゲスト同行&イベント学生ボランティア・交通費 23000   延27 23000

■宿泊・日当
ホテル 6,480 5 3 97200
(北海道にパッケージで行ったため)  -12,960
日当(食費) 2500 5 3 37500

■手数料
ビザ発給(各団体が負担)       0
成田お迎えサービス 6000   1 6000
DHL(ビザ申請) 7840   1 7840
DHL(ビザ申請)(JAからの来日者変更のため) 7840   1 7840
銀行残高証明3通x500円(ビザ) 500   3 1500
フォーリンプレスセンター(プレスリリース) 19950   1 19950
連絡用テレフォンカード 1000   1 1000
ゆうぱっく 1340     1340
電話代金(国際電話・南ア航空変更等) 2000   1 2000

■支出合計 857273円

■ご寄附総額 824652円

■差引 -32621円(赤字)

******************************************
■口座名称:モザンビーク開発を考える市民の会
(モザンビークカイハツヲカンガ エルシミンノカイ)
■ゆうちょ銀行から振込みの場合
ゆうちょ銀行 記号10040  番号 8871761
■他金融銀行からの振込みの場合
ゆうちょ銀行 店名 008 店番 008
預金種目 普通 口座番号 0887176
支店は府中紅葉丘です。
*******************************************
--
スポンサーサイト

Appendix

最新記事

カテゴリ

プロフィール

MozambiqueKaihatsu

Author:MozambiqueKaihatsu
「モザンビーク開発を考える市民の会」の公式サイトへようこそ!本サイトでは、モザンビークの草の根の人びとの側に立った現地・日本・世界の情報共有を行っています。特に、現地住民に他大な影響を及ぼす日本のODA農業開発事業「プロサバンナ」や投資「鉱物資源開発」に注目しつつ、モデルとされるブラジル・セラード開発についての議論も紹介。国際的な食・農・土地を巡る動きも追っています。

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR