Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【緊急勉強会】「安倍総理が訪問するモザンビークで今起きていること~和平合意破棄後の援助、投資」

(転載歓迎)
===========================

アフリカ・モザンビーク情勢の緊急勉強会
安倍総理が訪問するモザンビークで今起きていること
和平合意破棄後の援助、投資のこれからを考える

2013年12月6日(金)13時~15時 
参議院議員会館 1階 102号室
http://www.ajf.gr.jp/lang_ja/activities/moz20131206.html
===========================

 1977年から16 年間にわたったモザンビークの戦争は、百万人の死者を出し、
史上最悪の戦争の一つとして歴史に記され、1992年に終結しました。しかし、本
年10月21日、モザンビーク政府軍が、最大野党RENAMOの拠点を急襲し、国会議員
1名が死亡、党首は山中に逃れたままとなり、翌22日にRENAMOは92年の和平合意
破棄を宣言しました。中部・北部の十か所以上で軍事衝突が起こり、死傷者がで
ています。
 すでに、国連、EU連合、米国など20カ国の援助国政府、カトリック教会は、声
明や談話を発表し、両者に対し武力を使わず政治的緊張を対話で解決するよう求
めています。主要援助国で声明・談話を出していないのは日本政府だけです。影
響は経済にも及び始め、リオ・ティント社等は、外国人スタッフの家族を国外に
避難させています。
 こうしたモザンビーク情勢急転の中、11月4日、安倍首相は来年1月9日~15日
にモザンビー ク・ 南アフリカ・コートジボワールを訪問すると発表しました。
今年6月のTICAD V(第5回 アフリカ開発会議)の際、日本は同国と二国間投資協
定を結び、日本企業が炭田開発、世界最大規模の天然ガス開発に着手する一方、
北部ナカラ回廊ではODA「プロサバンナ」事業による大規模農業開発やインフラ
整備が進められています。
 しかし、現地では資源開発や大規模援助事業が住民合意のないまま進められる
ことに批判が高まっており、さらに政治軍事衝突の最中に首相訪問が発表された
ことに疑問の声が上がっています。平和を求める市民、数千から数万人が参加す
る平和マーチが5主要都市で行われ、独裁化する現政権には与党内からも退陣を
求める声が高まっています。11月20日に全国都市選挙が実施され、来年10月には
大統領選挙の予定です。
 もはや日本から「遠い国」とは呼べないモザンビーク。
 今何が起き、今後どうなっていくのかを共に考えます。どうぞご参加下さい。

◆報告
1. モザンビークでの石炭開発及びエチオピアでの援助によるHRWの人権影響調
査の実例報告
土井香苗:国際NGO「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」日本代表、弁護士
2. モザンビークにおける政治暴力の現在と投資・援助
舩田クラーセンさやか:東京外国語大学教員、モザンビーク開発を考える市民の
会代表

◆日時:2013年12月6日(金)13時~15時 
  ※ 12時45分より議員会館 ロ ビーで入館票を配布
◆会場:参議院議員会館 1F 102号室

◆報告者プロフィール
土井香苗:
国際NGO「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」日本代表。弁護士。
1998年東京大学法学部卒業。学生時、アフリカ・エリトリアで法制定ボランティア。
2000年弁護士登録。国際法修士。2008年9月から現職。世界 中の人権侵害を止
め、日本を人権大国にするため活動。著書に『"ようこそ"と言える日本へー弁護
士として外国人とともに歩む』(岩波書店)、『巻き込む力』(小学館)

舩田クラーセンさやか:
東京外国語大学大学院教員、モザンビーク開発を考える市民の会代表。
1994年PKO国連モザン ビーク活動(ONUMOZ)後、アフリカの平和構築・政治経
済・開発援助に関する研究・教育・市民活動に従事。国際関係学博士。
主著に『モザンビーク解放闘争史』(御茶の水書房)、"Origins of the War in
Mozambique"
(African Minds)、「モザンビークにおける民主化の後退と平和構築の課題」
『国際政治』。
編著に『アフリカ学入門』(明石書店)。

◆ 共催:
(特活)アフリカ日本協議会、(特活)オックスファ ム・ジャパン
(特活)日本国際ボランティアセンター、Attac Japan、No! to land Grab
(特活)ピースビルダーズ、モザンビーク開発を考える市民の会

◆ 連絡先・申し込み:
(特活)アフリカ日本協議会 担当・斉藤
 メール:info@ajf.gr.jp  電話:03-3834-6902 FAX:03-3834-6903

 ※ 以下を12月4日(水)正午までに知らせてください
  1)名前 2)当日の緊急連絡先 3) 所 属 4)質問(あれば)

会場の関係で一般の皆さんは先着30名となっております。
ご希望の方は早めにお申し込み下さい。
また、当日はIWJで同時中継が行われます。あわせてご覧ください。
http://iwj.co.jp/
スポンサーサイト

Appendix

最新記事

カテゴリ

プロフィール

MozambiqueKaihatsu

Author:MozambiqueKaihatsu
「モザンビーク開発を考える市民の会」の公式サイトへようこそ!本サイトでは、モザンビークの草の根の人びとの側に立った現地・日本・世界の情報共有を行っています。特に、現地住民に他大な影響を及ぼす日本のODA農業開発事業「プロサバンナ」や投資「鉱物資源開発」に注目しつつ、モデルとされるブラジル・セラード開発についての議論も紹介。国際的な食・農・土地を巡る動きも追っています。

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。