Entries

【選挙ニュース】MDM集会に警察が催涙弾を発砲、負傷者多数

続報。警察が発砲したのは、実弾でした。大問題になっています。
MDMのキリマネ市長(再選)は、この集会に出ていたMDM党首でベイラ市長(再選)されたシマンゴ党首への武装攻撃として非難談話を発表しています。

また選挙の多くはFRELIMOの勝利となりましたが、各地で不正(FRELIMOへの投票が記された投票用紙の発見続出、野党への投票を無効票にする工作等)が報告されています。1票差や数パーセント差でFRELIMOが勝った都市も多く、MDMは10の都市での結果について異議申し立てをしている模様。

ナンプーラ市の市長選挙は投票用紙に野党立候補者名がなかったために延期されていましたが、再び問題が発生し12月1日に延期となっています。

ナンプーラ州の別の都市では、投票用紙にMDMが2か所に出てきて(勝利が予想されていた都市)、二度マークした人の表が無効票になり、これも問題化しています。


====

混乱が続いています。20日はついに投票日ですが、第二の都市べいらで行われていた野党(RENAMOではなく第三政党MDM)選挙集会に警察が催涙弾と空中に(?)実弾を発砲。パニックになり50人近くの負傷者が出た見込みです。与党フレリモの車が通るときにMDM支持者が石を投げてそれに応じて発砲したのではないか、あるいは集会中の人に車があたったので車を叩いたら群衆に発砲してきた、あるいはそもそもわざとMDMの集会中にけしかけたのではないか(MDM党首)…等の諸説がありますが、とにかく警察は発砲し、多くの負傷者が出ています。

これに対してMDMの支持者らがフレリモの事務所を襲撃したようで、21名が今逮捕されているそうです。なお、現在の市長はMDMの党首Daviz Simangoで、2008年の不正が多かった地方都市選挙で、キリマネ市と同様に勝利しており、二選目を狙っています。元々RENAMOの拠点だったところで、RENAMOの分派のMDMが人気を奪った形です。


============
2013 Local Elections
Mozambique political process bulletin
Number LE-43 17 November 2013 - 1500
Published by CIP and AWEPA, Maputo, Mozambique


Riot police tear gas MDM rally
in Beira; many injured

Riot police (Força de Intervenção Rápida, FIR) Saturday afternoon shot tear gas into the crowd at the final rally (showmicio) of the MDM mayoral candidate, Daviz Simango, creating panic. The rally was in Munhava, Beira. Shortly afterwards, members of the crowd retaliated by attacked the nearby Frelimo headquarters.

TVM reports 46 people treated at Beira Central Hospital, police say 21 arrests. TVM and Beira Hospital say there were no deaths, which now seems most probable, in contrast to earlier reports of deaths by observers, STV and Domingo.

A day after the events it is still difficult to get a clear picture of what happened. It appears that the police and riot police were escorting Frelimo cars, covered in Frelimo posters, to the nearby Frelimo headquarters. The police tried to clear a way beside or though the crowd, which responded by throwing stones at the cars. FIR responded with tear gas, creating panic.

The @Verdade correspondent adds a possible detail: one of the cars hit a young man, who responded, probably by banging on the car, and was then pulled into a car by police. Youth at the rally then tried to free the detained young man, causing a commotion and leading to the stoning of the cars.

Whatever the precise sequence of events, the riot police fired tear gas and shot live ammunition, at least shooting into the air, which caused panic in the crowd – most of whom knew nothing about the original incident.

Some young people in the audience responded by attacking the Frelimo cars and headquarters. Three Frelimo cars were burned and the Frelimo candidate for mayor, Jaime Neto, received minor injuries.

TVM at 13.00 showed that the Frelimo platform for the final rally in Beira today had been burned.

MDM president and Beira mayoral candidate Daviz Simango issued a statement this afternoon accusing Frelimo Secretary General Paunde of "coordinating a strategy of violence" and of being provocative by passing next to the MDM final rally.

This afternoon Beira is calm.
スポンサーサイト

Appendix

最新記事

カテゴリ

プロフィール

MozambiqueKaihatsu

Author:MozambiqueKaihatsu
「モザンビーク開発を考える市民の会」の公式サイトへようこそ!本サイトでは、モザンビークの草の根の人びとの側に立った現地・日本・世界の情報共有を行っています。特に、現地住民に他大な影響を及ぼす日本のODA農業開発事業「プロサバンナ」や投資「鉱物資源開発」に注目しつつ、モデルとされるブラジル・セラード開発についての議論も紹介。国際的な食・農・土地を巡る動きも追っています。

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR