Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ご報告】会計最終決算(TICAD V招へい)

本年のTICAD V(アフリカ開発会議)にあわせて行った、5月27日~6月4日までのモザンビーク全国農民連合(UNAC)代表Augusuto Mafigo氏の招聘の決算報告を以下掲載いたします。寄付やカンパ呼びかけ等でご協力頂いた皆さま、心より感謝いたします。

招へいの結果、シンポジウムだけでなく、テレビや新聞等でも広く現地農民の声を取り上げて頂くことができ、目的を達成することができました。また、帰国後モザンビークから送られてきた御礼も既に公開していますが、ここにURLを掲載しておきます。

■来日を取り上げた記事・番組一覧
http://mozambiquekaihatsu.blog.fc2.com/blog-entry-28.html
■5月29日シンポジウムの発表内容
http://mozambiquekaihatsu.blog.fc2.com/blog-entry-34.html
■帰国後のお礼
http://mozambiquekaihatsu.blog.fc2.com/blog-entry-35.html

本会計報告につきましては、もっと早くに掲載したかったのですが、ご報告が大変遅くなり申し訳ございません。

以下、当初の予算見込みと募金の結果、支出状況をお伝えいたします。
なお、マフィゴ代表は、来日直後から体調を崩され、途中病院に行き安静にして頂きましたが体調が回復しなかったため、愛媛まで行くことは叶わず、ご協力頂いた方々にはご迷惑をおかけしました。

モザンビーク帰国後、病院で精密検査を受けられ、現在は回復され元気に過ごしておられます。来日直前までモザンビーク全国を飛び回っておられた上に、タンザニアに行ってらっしゃったので疲れがたまったようです。

モザンビーク農民が直面する課題が日々大きくなり、現在も全国を飛び回っている状態だそうですが、皆さまによろしくお伝え下さいとのことでした。次回は必ず日本の農民の皆さまとの時間をかけた交流を実現したいとのことでした。

以下、会計報告を行うとともに、繰越金についての提案をさせて頂いております。ご一読の上、ご連絡下さい。
また、現地の緊迫した状況を踏まえ、再度現地調査を行ったり、市民社会の招へいを行う必要があるかもしれません。何度もお願いばかりで心苦しいですが、ご理解の上ご協力いただければ幸いです。


■TICAD Vへの招へいに関する募金のお願いの呼びかけ記事
http://mozambiquekaihatsu.blog.fc2.com/blog-entry-20.html(4月29日)
http://mozambiquekaihatsu.blog.fc2.com/blog-entry-26.html(5月23日)

*なおこれは2月末の招へいの決算ではありませんので、2月下旬の招へいの決算はこちらをご覧ください。
http://mozambiquekaihatsu.blog.fc2.com/blog-entry-9.html(3月2日)

■TICAD V招へいのためのご寄付の状況

①ご寄付(延10名1団体):552,009円
②講演寄付:20,000円
③カンパ(大阪・横浜*イベント残金含む):41,440円
④銀行利子:28円
以上合計:613,477円
(ー繰り越し負債額:31,627円)

収入:581,850

■TICAD V招へいにかかった支出の状況
*ナンプーラ州市民社会プラットフォームのアントニオ・ムアジェレネ氏の渡航費は現地市民社会関連の費用でカバーされましたが、細部の出費で不足した部分について本「考える市民の会」がカバーしています。

渡航費 首都マプート⇔東京 往復 135,505
追加チケット(*Mafigo氏の体調悪化による帰国チケット変更) 148,071
モザンビーク国内移動費(UNAC代表テテ=マプート往復) 63,253
国内移動 成田お迎えサービス(含むバス代) 10500
成田→新宿(Antonio*ナンプーラ州CSプラットフォーム) 3000
横浜→成田(YCAT) (Mafigo) 3500
東京都内・横浜の移動(Suica) 2700
タクシー代(合計5月27日~6月4日) 30470
ボランティア交通費(延12名) 13420
29日、2日イベント諸費用 4007
宿泊・日当 ホテル(新宿)27日~29日(Mafigo) 12,800
ホテル(横浜)Mafigo29日~6月4 日 19700
ホテル(新宿)27日〜29日 同行者 13200
ホテル(横浜)30、1日 同行者 13500
日当(食費)Mafigo(9日分) 22500
手数料 ビザ発給(各団体が負担) 0
DHL(ビザ申請)Mafigo 7960
DHL(ビザ申請)Antonio(*同上) 7840
銀行残高証明4通x500円(ビザ *含むFASE・予備用) 2000
フォーリンプレスセンター(プレスリリース) 19950
プレスセンター振込料 600
シンポ資料印刷代(5円x5頁x110部) 2750
松山 松山キャンセル料(*Mafigo氏の体調悪化による) 7320
支出合計 544,546円

■繰越金
収入:581,850円
支出:544,546円
=37,304円が繰り越し金として残っています。

■ご理解のお願い
・繰り越し金については、寄付呼びかけの2013年4月~現在まで3回に開催したプロサバンナ事業に関するNGO・外務省意見交換会、現地調査報告会(9月30日)のお手伝いの学生の交通費として支出させて頂ければ幸いです。
・また現地調査でいずれの団体や資金からも支出が不可能だったガソリン代(7381MT=248ドル)と通訳代(100ドル)に充てさせて頂きたく考えています。

以上について、ご検討の上寄付者の皆さまからのご意見を2013年11月5日までお待ちいたします。
異論のある方は、mozambiquekaihatsu<@>gmail.comまでお寄せ下さい。
スポンサーサイト

Appendix

最新記事

カテゴリ

プロフィール

MozambiqueKaihatsu

Author:MozambiqueKaihatsu
「モザンビーク開発を考える市民の会」の公式サイトへようこそ!本サイトでは、モザンビークの草の根の人びとの側に立った現地・日本・世界の情報共有を行っています。特に、現地住民に他大な影響を及ぼす日本のODA農業開発事業「プロサバンナ」や投資「鉱物資源開発」に注目しつつ、モデルとされるブラジル・セラード開発についての議論も紹介。国際的な食・農・土地を巡る動きも追っています。

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。