FC2ブログ

Entries

モザンビーク警察が市民社会リーダー暗殺

モザンビークで大変懸念される事態が生じています。日本の市民社会とも連携してきたモザンビークの市民社会リーダーが暗殺されました。まずは詳細をご確認下さい。

【事件の概要】
 モザンビークの大統領・議会・知事選挙(2019年10月15日)の1週間前、10月7日に、モザンビークのガザ州NGOフォーラム(GFONG)リーダーのアナスタシオ・マタヴェレ(Anastacio Matavele)氏が10発の銃弾を打ち込まれる形で暗殺された。犯人は襲撃後、逃げる際に事故を起こし、身元が割れた。5名中4名が、警察特殊部隊要員であった。
 事件の翌日(10月8日)、警察もこの事実を認めざるを得ず、モザンビーク警察の広報官オルランド・モドゥマネ(Orlando Modumane)は、マタヴェレ氏を殺害した5人の犯人の4名までが、「ガザ州警察の機動隊内にある特殊作戦部(GOE; Grupo de Opera;ções Especiais)の業務に当たる人物である」と認めた 。

【暗殺されたマタヴェレ氏】
 マタヴェレ氏は、選挙監視を行う市民社会グループ「Sala da Paz(平和の部屋)」のメンバーでもあり、ガザ州全体の独立選挙監視グループのリーダーでもあった。この日は、選挙監視要員の研修をしており、その帰途での事件であった。
 また、マタヴェレ氏ならびにGFONGは、2012年5月のTICADの際に公表され、安倍晋三首相に手渡された3カ国首脳に宛てた「プロサバンナの緊急停止を求める公開書簡」に署名しており、2015年5月のプロサバンナ事業の公聴会に関する声明 にも署名している。

【非難声明】
 これに最初に反応したのが、モザンビークの駐米大使館であり、翌10月8日には、声明 を発表し、マタヴェレ氏暗殺について「他の国際社会とともに強く批判する(」と述べている。同様に、EU高等弁務官事務所も同日、声明 で、「市民による監視は信頼できる選挙プロセス実現の基本的要素」であり、同氏の「死をもたらした攻撃を強く非難する」」と述べた。
 モザンビーク内外の市民社会も声明を出している。

【日本政府の対応】
 しかし、事件から1ヶ月近くが経つ現在も、日本の大使館は沈黙したままである。

以上に関するレファレンス一覧:
10月8日Verdade “Assassinos de Anastácio Matavele são agentes da Polícia da República de Moçambique” https://www.globaldiasporanews.com/assassinos-de-anastacio-matavele-sao-agentes-da-policia-da-republica-de-mocambique/
https://www.ngo-jvc.net/jp/projects/advocacy-statement/data/20150515-prosavanastatement.pdf
https://mz.usembassy.gov/u-s-embassy-statement-on-the-assassination-of-anastacio-matavele/
https://eeas.europa.eu/election-observation-missions/eom-mozambique-2019/68510/moe-ue-mo%C3%A7ambique-2019-condena-veementemente-o-ataque-que-resultou-na-morte-de-uma-figura_en
https://justica-ambiental.org/2019/10/10/repudio-a-violencia-contra-activistas/
https://www.civicus.org/index.php/media-resources/news/4116-mozambique-killing-of-activist-dr-matavel-restrictions-on-civic-space-mar-upcoming-elections
スポンサーサイト



Appendix

最新記事

カテゴリ

プロフィール

MozambiqueKaihatsu

Author:MozambiqueKaihatsu
「モザンビーク開発を考える市民の会」の公式サイトへようこそ!本サイトでは、モザンビークの草の根の人びとの側に立った現地・日本・世界の情報共有を行っています。特に、現地住民に他大な影響を及ぼす日本のODA農業開発事業「プロサバンナ」や投資「鉱物資源開発」に注目しつつ、モデルとされるブラジル・セラード開発についての議論も紹介。国際的な食・農・土地を巡る動きも追っています。

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR