FC2ブログ

Entries

【議事録2】9/4院内集会(日本の開発援助とアフリカ小農)(モザンビーク小農代表プレゼン)

以下イベントの議事録の続きです。

冒頭の日本のNGOのプレゼンについてはこちら→http://mozambiquekaihatsu.blog.fc2.com/blog-entry-413.html


(院内集会)
国連「小農権利宣言」「家族農業10年」を受けて考える日本の開発援助とアフリカ小農
〜モザンビーク、プロサバンナの事例から 議事録

1. 日時 令和1年9月4日(水曜日)15:34〜18:30
2. 場所 参議院議員会館 会議室101
案内→https://www.ngo-jvc.net/jp/event/event2019/09/20190904-peasant.html
当日動画→https://www.youtube.com/watch?v=UqO0s9QH2zY&feature=youtu.be


【2】現状報告「現地で何が起きているのか」
コスタ・エステバオン(ナンプーラ州農民連合代表)
【3】現状報告「モザンビーク社会で何が起きているのか」
ボアヴェントゥーラ・モンジャーネ(プロサバンナにノー!キャンペーン)

****
【2】 現状報告「現地で何が起きているのか」コスタ・エステバオン(ナンプーラ州農民連合代表)

私はモザンビークナンプラ州の農民連合代表で、100%小農である。私の父母も小農であった。プロサバンナ事業は、大変懸念される事業である。特に、小農にとって。モザンビークの人たちに様々な問題を押し付けている。それなのに、なぜ日本政府がそこまでして、モザンビークにこの事業を導入したいのか、モザンビークの小農や国民は疑問に思っている。

第一に、立案された事業のデザイン自体について、私たちは誤りだと思っている。次に、プロサバンナの計画が出てきた時からいろいろなメディアが取り扱ってきたが、この問題について私はメディアを通じて初めて知った。私たちは事業立案における協議などの意思決定のプロセスに関わることができなかった。私たちは、新聞やラジオを通じて、日本政府がモザンビークでプロサバンナという事業を実施すると耳にした。モザンビーク国民との協議なしに。だから、私たちは(モザンビーク)政府、そして日本の政府とJICAに対して対話を要求した。それにもかかわらず、JICAは事業に資金を投入して進め続け、公聴会のようなものを行なった。しかしこれは公聴会の名に値しない、偽りのものだった。そのため、私たち小農、市民社会は、やはりプロサバンナにノーだと突きつけた。

私たちは様々なデモや集会、3カ国民衆会議を行うなど抵抗活動を行ってきた。去年11月には、ここ日本で3カ国民衆会議を行いました。これらの活動はすべて、プロサバンナ事業を止めるためのものだった。しかし、これらの抵抗にもかかわらず、JICAはプロサバンナ事業を前に進めるために、モザンビーク政府やモザンビーク市民社会に対して介入し、介入・操作を続けている。私たちはプロサバンナを進めないでほしいと言っているのに、JICAは強行している。そして、そのために介入・操作に再び手を染めている。

丁度30分前、JICAと外務省が、4400家族と活動を進めていると述べた。それに対し、我々は、彼らが一緒にプロサバンナの活動を開始しているというこれらの小農が、どこにいるのかと問うた。どの郡? どの地区? どの村?どのコミュニティ? どの小農のことなのか? 私に教えてほしい。そうすれば私はその小農を訪問して、彼あるいは彼女が、本当にプロサバンナに賛成しているのかどうかを自分で確認する、と。しかし、モザンビーク政府に相談しに行くべきだと言った。しかし、もしJICAがプロサバンナに資金を出しているのであれば、なぜ私がモザンビーク政府に相談しに行く必要があるのか。

どうしてJICAはそれほどまで小農の情報の開示を恐れるのか。今年(2019年)の6月から7月にかけてラジオ番組が行われたが、この番組の中でプロサバンナに小農を動員する、大豆を栽培しようという趣旨の宣伝が行われた。これらの番組は、プロサバンナ、JICAのファンドによって支援を受けている。これらの番組もまた、地元小農や農民をプロサバンナに賛成に導くことを意図して行われている介入・操作と考える。善きモザンビーク人の「心を獲得」するだけでなく、大豆生産に導こうとしている。だからこそ、プロサバンナはこれらの番組を資金援助しているのだ。

モザンビークでは、プロサバンナに関わる数々会合や活動、プロジェクトが行われている。しかし、これらすべての活動はJICAの資金によって行われている。これらいずれの活動も、モザンビーク人をプロサバンナの実施局面に向けて動員するためのものである。

ここで一つ明確にしておきたいのであるが、私たちはJICAそのものに対して反対しているわけではなく、プロサバンナ事業に反対している。JICAは他の事業もやっているが、それらに反対している訳ではなく、私たちはプロサバンナ事業にのみ反対している。だから、日本政府、そしてJICAの代表にもう一度お願いする。プロサバンナ事業を止めてほしい。そして、私たちをこの事業から解放してほしい。そして、日本の国民をこの矛盾から解放してあげてほしい。ありがとうございました。

—-
司会・高橋:JICAが関わっていることがわかったと思います。続いてボアさん。
—-

【3】現状報告「モザンビーク社会で何が起きているのか」ボアヴェントーラ・モンジャーネ(プロサバンナにノー!キャンペーン)

当日使用プレゼンテーション>http://mozambiquekaihatsu.blog.fc2.com/blog-entry-410.html

私の方からは、簡単に、重要な鍵となる点の説明をしようと思う。プロサバンナ事業がなぜこれほどまでに大きな問題を抱えているのかということである。まず始めに、先ほど話があったモザンビークでの裁判の件、そしてJICAとモザンビーク政府が判決を尊重していない点について説明していく。

モザンビークは日本と同じように、憲法によって三権分立を基本とする民主的な国家である。司法は、立法から独立している。したがって、JICAが、モザンビーク政府に聞いてください、モザンビーク国内の問題だと主張するのは、行政権と同様に、独立したもう一つの国家権力である司法権を無視した行為で、私たちをバカにした発言でもある。JICAの説明に従えば、モザンビークの一方の権力(行政)のみがすべてを決定できる権利を有することになる。したがって、日本の皆さんと政府は両者とも、モザンビークの制度や司法を真剣に受け止め、その判断を尊重すべきである。

JICAは、モザンビークの司法権を尊重すべきであるが、また日本政府は国際的な取り決めもまた尊重すべきである。日本は国連の加盟国である以上、昨年11月に採択された小農と農村で働く人々の権利に関する国連宣言を尊重しなければならない。日本が「最悪の国」と称している中国でさえも賛成している中、日本はこれに棄権をしている。しかし、この国連宣言に明確に規定されている通り、日本は国連の加盟国である以上、この国連宣言を尊重し、モザンビーク小農の権利を守る義務がある。

歴史的な観点から一言。モザンビークという国はもともとポルトガルの400年におよぶ植民地であった。その後10年以上続く武力闘争を通して、ポルトガル人たちを追い出し独立した。その武力闘争の主体は小農であった。したがって、農村コミュニティや小農にとってテリトリー(領域)や土地を守るということは生産活動を守ることを超えて、自らのアイデンティティや自律・自治(オートノミー)を守ることを意味している。彼らは小さなことのため闘っているのではなく、モザンビーク全体の主権のために闘っているのである。私たちが覚えておかなければならない事実は、モザンビークは小農の手によって解放されたという点です。

そしてこの間、JICAは資金を使ってナンプーラの市民社会を分断させたり、友人であった人を敵対させるようなやり方をしたり、トップダウンの決め方をしているが、これらはすべて、植民地時代を思い起こさせるとともに、権威主義的なものである。したがって、プロサバンナ事業で起きていることは、植民地主義と権威主義の文脈で理解されなければならない。ありがとうございました。

—-
司会・高橋:ありがとうございました。ボアさんの発言も民主主義のあり方を提起している。司法はこの問題を知る権利が侵害されているのではないかと判断しているが、それに対して(JICA・日本政府は)きちんと応じられていない。司法と行政の分離というのは民主主義の基本であると思うが、日本政府はきちんと守れていない。日本は民主化やガバナンスということを(余所の国に)言うけれど、そうならばこの問題を真摯に受け止めるべきである。言ってしまえば国家暴力と言えるが、このような問題に対してどのように向き合うのかというのが重要になってくると思う。

まだ外務省の方やJICAの人たちが来ていないため、質疑応答に移る。
—-


質疑応答(UPLAN動画58:00-)
時事通信の記者、松本:コスタさんに質問。具体的な被害はどのようなものがあるのか。

コスタ:質問ありがとうございます。まず、モザンビークの小農としては、開発事業をただ傍観者のように眺めるのではなく、モザンビークの土地はモザンビーク人自身の手で耕したいと考えている。プロサバンナ事業はアグリビジネスと繋がっているが、私たちは小農による農業を進めたい。JICAが考える開発を私たちはやりたくない。それがJICAに進められる開発をただ眺めていたくはない。私たちモザンビーク人自身の農業を広めていきたいと願っている。

JICAは私たちを小農だから貧しいからといって、何をすべきか押し付けるべきではない。私たちが望まないことを、あれこれ強制すべきでない。私たちは責任ある人間、大人である。私たち自身、選択出来る能力をもっている。私たちは何をどのようにやるべきか知っている。だから、JICAがやっている押しつけの強制は間違っている。

北海道から来た農家の男性:コスタさんに質問。モザンビークの小農は、どのようにタネの多様性や伝統的な農業を維持しているのか。国際的な種子に関連する法律の押しつけに対して、どのような戦略をもっているのか。

コスタ:だから、小農の家族農業の農業を営んでいると主張しています。私たちは代々やってきた小農の農業にとても価値を置いている。在来種のタネを守るためにシードバンクを作っており、それを保存し、私たちの間で交換し分け合っている。それを通じて、タネが消えてしまうことがないように守っている。

追加質問:日本政府は伝統的なタネの保存や保存法、法律を変えるようなプレッシャーをモザンビーク政府にかけているのか。

ボア:一般的な質問であるため、私が答えます。モザンビーク単独というよりアフリカ南部の国々で種子に関しては共通の決まりがある。その中では遺伝子組み換えのタネは違法であるとなっている。このため実質的にモザンビーク内で遺伝子組み替えの種子を育てることは違法であるが、現在その法律を柔軟に変化させていこうという話が出ている。現在ガザ州のChokweで農業研究所の指導の下でトウモロコシの遺伝子組み換えの実験が行われており、モザンビークの技術省から遺伝子組み換えの品種を許可する可能性が出ている。

スポンサーサイト



Appendix

最新記事

カテゴリ

プロフィール

MozambiqueKaihatsu

Author:MozambiqueKaihatsu
「モザンビーク開発を考える市民の会」の公式サイトへようこそ!本サイトでは、モザンビークの草の根の人びとの側に立った現地・日本・世界の情報共有を行っています。特に、現地住民に他大な影響を及ぼす日本のODA農業開発事業「プロサバンナ」や投資「鉱物資源開発」に注目しつつ、モデルとされるブラジル・セラード開発についての議論も紹介。国際的な食・農・土地を巡る動きも追っています。

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR