FC2ブログ

Entries

【記事】「イスラム国がモザンビークを攻撃」の衝撃(上)ーー天然ガス輸入で日本も関係大。「遠いアフリカの国」の出来事で片付けられない

朝日新聞社「論座」で、この地域の専門家である舩田クラーセンさやか氏による以下の記事が掲載されています。

このブログでも紹介している通り、モザンビーク北部のカーボデルガード州の天然ガス油田開発には、日本の総合商社・三井物産が参画しています。また、記事によると、東京ガスや東北電力なども、売買契約を交わしているそうです。この投資が可能となった背景には、日本政府が結んだ二国間の投資協定があるといいます。

日本の官民が関与するこの地域で生じている深刻な事態を、日本語ではじめて紹介する記事となるそうです。

ぜひご一読ください。

「イスラム国がモザンビークを攻撃」の衝撃(上)ーー天然ガス輸入で日本も関係大。「遠いアフリカの国」の出来事で片付けられない
http://bit.ly/2XOwz6H

6月6日、世界に激震が走った。

 アフリカ大陸に足場を築きつつあると目されてきたISIS(イスラム国)が、南東部アフリカのモザンビーク北端にあるカーボ・デルガード州モシンボア郡での武力活動を発表したのである。
スポンサーサイト

Appendix

最新記事

カテゴリ

プロフィール

MozambiqueKaihatsu

Author:MozambiqueKaihatsu
「モザンビーク開発を考える市民の会」の公式サイトへようこそ!本サイトでは、モザンビークの草の根の人びとの側に立った現地・日本・世界の情報共有を行っています。特に、現地住民に他大な影響を及ぼす日本のODA農業開発事業「プロサバンナ」や投資「鉱物資源開発」に注目しつつ、モデルとされるブラジル・セラード開発についての議論も紹介。国際的な食・農・土地を巡る動きも追っています。

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR