FC2ブログ

Entries

【民衆会議】モザンビークから15名来日!緊急報告会(11/22)

******************************************
3カ国民衆会議(日本・モザンビーク・ブラジル) 
DAY3オープンイベント

【緊急報告会】日本とODA/投資:モザンビーク北部で何が起きているのか
~プロサバンナ事業とナカラ回廊開発に抗う農民たち

2018年11月22日(木)17時開始(参議院議員会館)
*******************************************

アフリカ・モザンビーク北部(ナカラ回廊地域)での日本の援助事業「プロサバンナ」に地元農民が反対を表明してから6年が経過しました。

この度、そのモザンビークから農民・女性・環境・人権団体のリーダーなど約15名が来日します!
本年11月20日から開催される「3カ国民衆会議」に参加するためですが、日本の官民が巨額の資金・税金を投じて開発を進める同地域で何が起きているのかを「ぜひ幅広い層の日本の人たちに知ってほしい」ということで、【緊急報告会】を開催することになりました。

2014年に安倍首相は、モザンビーク北部の「ナカラ経済回廊開発」のために5年間で700億円の支援を表明しました。「プロサバンナ」は、この一環として日本がブラジルと共に進める大規模な農業開発事業です。事業に反対する農民や市民団体に対して、現地政府から度重なる弾圧、日本の援助資金を使っての介入・分断などの人権侵害が続いたため、去年4月には、事業主であるJICA(日本国際協力機構)に対して、地元住民11名が正式に「異議申立」を行いました。しかし、事業は止まることなく現在まで続き、すでに32億円もの税金が使われ、今後もさらに巨額の資金が投じられようとしています。

また、「ナカラ経済回廊開発」下の炭鉱開発・鉄道整備事業によっても、地元住民は土地を奪われ、農作物の粉塵被害や健康への影響が生じています。これらの事業は、ブラジルのヴァーレ社と三井物産が行っていますが、日本の税金も使われています。両社が開発を進める内陸部の炭鉱と港湾を結ぶための鉄道整備には、JBIC(国際協力銀行)によって1000億円規模の融資が行われ、日本政府が100%出資するNEXI(日本貿易保険*)から1000億円の保険が出されています。現地の新聞では、モザンビーク政府の巨額の「隠された債務問題」や「債務返済不能宣言」などにより凍結されていた300億円近くの公的融資が再開される見込みであることも報道されています。つい十数年前、日本は同国の債務を帳消したばかりです。

もともと「人びとのため」だった援助は現在、官民連携を推進する日本政府により堂々と「投資・貿易のための援助」と謳われるようになっています。本当にこれでいいのでしょうか。日本の貴重な税金の使われ方はどうあるべきなのか。そして、ODA のありようは?
モザンビークの農民や市民社会の皆さんの声に耳を傾けながら、参加者とともに一緒に考えたいと思います。
ふるってご参加下さい。


【日時】2018年11月22日(木)17時ー19時
【場所】参議院議員会館 会議室B107
【アクセス】
永田町駅から徒歩1分、国会議事堂前駅から徒歩4分
http://www.sangiin.go.jp/japanese/taiken/shuhen/shuhen.html
【集合時間】16:30-16:45(会館ロビー)
会議室に行くには入館証が必要です。必ず上記時間にご集合下さい。
*玄関入って右側の手荷物チェックを受けてから「モザンビーク」の紙を持ったスタッフのところにお越し下さい。
*遅れてこられる方は具体的な到着時間を事前に申込みサイトの「備考欄」に記入の上、ロビーにてスタッフをお待ち下さい。
【お申込み】
下記サイトにご登録の上、直接お越し下さい(定員になり次第、締切ります)。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/6e2052b3594382
【資料代・定員】
1000円(学生無料)・100名

【プログラム】
17:00- 開催挨拶・趣旨説明
(大林稔 龍谷大学名誉教授 / モザンビーク開発を考える市民の会)
17:05- 報告1
「日本のODA/投資とナカラ回廊開発/プロサバンナ事業の10年」
(渡辺直子 日本国際ボランティアセンター)
17:25- 報告2
「モザンビーク農民の声」
(モザンビーク農民連合)
「農民を支えるモザンビーク市民社会の声」
(プロサバンナにノー!キャンペーン)
18:25- 報告3
「モザンビーク農民を支えるブラジル市民社会の声」
(ジルベルト・シュナイダー ブラジル小農連合 /ビア・カンペシーナ)
18:30-18:55 質疑応答
18:55-19:00 まとめ・閉会の挨拶
(舩田クラーセンさやか 明治学院大学国際平和研究所)

*モザンビークの登壇者については人権侵害を避けるため表記について調整中です。

【参考文献】
・JVC「プロサバンナ事業に関する取り組み」:
http://www.ngo-jvc.net/jp/projects/advocacy/prosavana-jbm.html
・ハーバー・ビジネス・オンライン(2017年12月17日)
https://hbol.jp/157022
・岩波書店『世界』オンライン「モザンビークで起きていること」
https://websekai.iwanami.co.jp/posts/461

【主催】3カ国民衆会議実行委員会
【共催】プロサバンナにノー! キャンペーン(モザンビーク)
【協力】日本国際ボランティアセンター(JVC)、日本アフリカ協議会(AJF)、モザンビーク開発を考える市民の会、No! to landgrab, Japan(その他募集中)

【その他のお知らせ】
3カ国民衆会議では、その他以下のイベントを予定しています。

11月2日(金)18時30分〜 プレイベント
@文京シビックセンター(後楽園)
「食と農のグローバリゼーション
アフリカ・日本の農業と開発援助から考える」
https://socialjustice.jp/p/20181102/

11月10日(土)16時〜 プレイベント
@日本国際ボランティアセンター(秋葉原)
「モザンビーク農民の『ノー』の歴史的ルーツをたどる
ー小川忠博氏の写真とともに」

11月20日(火) 18時〜 オープンイベント
@聖心女子大学4号館/聖心グローバルプラザ(広尾)
「日本の私たちと今世界で『大豆』をめぐって起こっていること
ーアグリビジネスによる油糧・飼料作物栽培の環境・社会的影響と住民の抵抗」
http://triangular2018.blog.fc2.com/blog-entry-19.html

11月21日(水) 国際シンポジウム&オーガニックマルシェ
@聖心女子大学4号館/聖心グローバルプラザ(広尾)
「危機の21世紀を超えて、つながりあい、食の幸せを未来に手わたすために」
http://triangular2018.blog.fc2.com/blog-entry-22.html
[1部] 「グローバルな食&農の危機と『食の主権』
ー『私たちの食とたね』を未来に手わたす」
[2部] 「食・農・くらしと地域の自立へー
犠牲の経済開発モデル」の限界を乗り越える」

*ユースチームがクラウドファンディングを開始しています。農民交流費・開催費が不足しています。是非ご協力を!
http://triangular2018.blog.fc2.com/blog-entry-20.html

*ボランティア(当日・事前・通訳・同行)を募集しています!
http://triangular2018.blog.fc2.com/blog-entry-17.html


【お問い合わせ先】
3カ国民衆会議実行委員会 事務局
http://triangular2018.blog.fc2.com/
モザンビーク開発を考える市民の会(鈴木、小出)
triangularpc@gmail.com

スライド1(1)
スライド2(1)
スポンサーサイト

Appendix

最新記事

カテゴリ

プロフィール

MozambiqueKaihatsu

Author:MozambiqueKaihatsu
「モザンビーク開発を考える市民の会」の公式サイトへようこそ!本サイトでは、モザンビークの草の根の人びとの側に立った現地・日本・世界の情報共有を行っています。特に、現地住民に他大な影響を及ぼす日本のODA農業開発事業「プロサバンナ」や投資「鉱物資源開発」に注目しつつ、モデルとされるブラジル・セラード開発についての議論も紹介。国際的な食・農・土地を巡る動きも追っています。

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR