Entries

【共有】PPT(Sergio Schlesinger氏、Devlin Kuyek氏)日本語

PreTICAD 国際シンポジウム(産業貿易センター、2013年6月3日)パワーポイント集 日本語

「ブラジル・セラード開発の課題」
セルジオ・シュレシンガー氏(FFASEコンサルタント)


経済学出身者らしい、豊富なデータ、現地調査に基づく、説得的なプレゼンでした。
「民衆のための経済学」のあるべき姿。
近々、レポートが出版されます。

日本政府やJICAが連呼する「セラード開発の成功」ではない現実が次々と明らかに。

sergio1


sergio2

sergio3

sergio4

sergio5

segio6

sergio7

sergio8

sergio9

sergio10

スライド11

スライド12

スライド13

スライド14

スライド15

スライド16

スライド17

スライド18

スライド19

スライド20

スライド21

スライド22

スライド23

スライド24





「責任を取らない国際農業〜モザンビーク北部におけるプロサバンナ事業およびLand grabbing(土地強奪/収奪)の事例から」デブリン•クイエック氏(GRAIN)

スライド01

スライド02

スライド03

スライド04

スライド05

スライド06

スライド07

スライド08

スライド09

スライド10

スライド11

スライド12

スライド13

スライド14

スライド15

スライド16

スライド17

スライド18

スライド19

スライド20

スライド21

スライド22

スライド23

スライド24





Appendix

最新記事

カテゴリ

プロフィール

MozambiqueKaihatsu

Author:MozambiqueKaihatsu
「モザンビーク開発を考える市民の会」の公式サイトへようこそ!本サイトでは、モザンビークの草の根の人びとの側に立った現地・日本・世界の情報共有を行っています。特に、現地住民に他大な影響を及ぼす日本のODA農業開発事業「プロサバンナ」や投資「鉱物資源開発」に注目しつつ、モデルとされるブラジル・セラード開発についての議論も紹介。国際的な食・農・土地を巡る動きも追っています。

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR