Entries

【一括紹介】モザンビーク/プロサバンナに関する新聞記事

今年はじめに新聞で連載されたモザンビークに関する連載記事がオンライン化されたようなのでご紹介いたします。現地の農民や市民社会組織の声がよく纏められていると思います。ぜひご一読ください。

【2017特報】
国際貢献を目的とするはずの政府開発援助(ODA)が、現地の人権侵害を助長し、貧困を拡大している事例が問題になっています。安倍晋三政権が「国益重視のODA」を掲げるもとで、何が起きているのか―。モザンビークの事例をみました。


1. モザンビーク 人権侵害・貧困拡大深刻
安倍政権 ODAの実態:日本の予算が市民分断の工作資金に

(2017年1月24日)

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2017-01-24/2017012404_02_0.html

「安倍首相は、ODAの供与先として、今後経済成長が見込まれるアフリカを重視。昨年ナイロビで開かれたアフリカ開発会議で、3年間で官民合わせて300億ドル(3兆4000億円)の投資を約束しました。特に力を入れているのが地下資源の豊富なモザンビーク北部でのナカラ経済回廊開発です。

700億円を供与へ
 安倍首相は2014年に同国を訪問し、この回廊開発に5年間で700億円のODA供与を表明。ナカラ港や回廊沿いの国道整備、送変電網の強化などにODAを実施してきました。

 「同地域を日本の将来的な天然資源や農産物の供給基地と位置づけ」「回廊がこれらの供給ルートとなる」

 外務省ホームページには、ナカラ回廊開発の狙いがあけすけに書かれています。モザンビークを日本に都合よくつくりかえようとする安倍政権の姿勢に、現地市民組織は「アフリカ大陸とアフリカ民衆に対する企業支配、植民地主義的征服だ」(農村コミュニティ開発のためのアカデミック・アクション=ADECRU)と厳しく批判します」
。(続きは上記サイトでお読み下さい)

2. モザンビーク 収奪される大地 上
社会分断する開発事業
(2017年2月2日)

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2017-02-02/2017020208_01_0.html

「安倍晋三首相が2014年のアフリカ訪問の際、700億円の政府開発援助(ODA)を表明したモザンビークで、日本のODAが人権侵害や土地収奪の元凶になっていると厳しい批判を浴びています。さらにはODAが現地市民を分断する工作資金になっていたことを示す資料も発覚。安倍首相が進める「国益重視のODA」の本質が浮き彫りになっています。

「公聴会でプロサバンナに反対したら地元の行政官に呼び出され、朝8時から午後2時まで詰問された。私たちはなにものでもないような、まるでトイレに敷いてあるカーペットのように扱われている」」
(続きは上記サイトでお読み下さい。)

3. モザンビーク 収奪される大地 下
海外派兵と結びつく
(2017年2月3日)

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2017-02-03/2017020308_01_0.html

「地面を深くえぐって敷かれた鉄道の上を、石炭を満載した貨物車が一日中ひっきりなしに往来。220両の貨車が連なり通過に30分以上かかることもあるといいます。

鉄道が地域分断
 安倍政権が政府開発援助(ODA)による700億円の投資を約束したモザンビーク・ナカラ回廊では、三井物産が昨年9月から石炭採掘とナカラ鉄道・港湾事業への出資を進めています。ほかに新日鉄住金も石炭を採掘しています。

 昨年11月に来日した同国の市民組織メンバーは、これまで住民の足となってきた鉄道が石炭輸送を中心とした高速鉄道につくりかえられたことで旅客車が止まらなくなり、収穫した農産物の販売などによる現金収入の獲得が困難になったと訴えます」
。(続きは上記サイトでお読み下さい)

スポンサーサイト

Appendix

最新記事

カテゴリ

プロフィール

MozambiqueKaihatsu

Author:MozambiqueKaihatsu
「モザンビーク開発を考える市民の会」の公式サイトへようこそ!本サイトでは、モザンビークの草の根の人びとの側に立った現地・日本・世界の情報共有を行っています。特に、現地住民に他大な影響を及ぼす日本のODA農業開発事業「プロサバンナ」や投資「鉱物資源開発」に注目しつつ、モデルとされるブラジル・セラード開発についての議論も紹介。国際的な食・農・土地を巡る動きも追っています。

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR