Entries

【共有】テテ・モアティゼ石炭開発に関する環境NGO報告書

今週(9月1日〜9月2日)、モザンビークの首都マプトで気候変動(気候正義 Climate Justice)に関する国際会議が開催されました。

詳細:
https://ja4change.wordpress.com/
1日目の総括:
https://ja4change.wordpress.com/2016/08/31/maputo-climate-justice-conference-summary-of-the-1st-day/
2日目で発表された以下の報告書の紹介
https://ja4change.wordpress.com/2016/09/01/ja-launches-new-report-on-coal-finance-in-mozambique-during-climate-justice-conference/

英語版の報告書が現地環境団体より発表されていますので、是非お読み下さい。
【報告書】
Justica Ambiental (JA!)による「石炭の経済学〜その利益はどこへ?」
The Economics of Coal: Where are its benefits?  (2016)
https://issuu.com/justicaambiental/docs/the_economics_of_coal__digital_

報告書に出てくるテテ州モアティゼ炭鉱を、ヴァーレ社が操業しており、日本の三井物産も出資予定との報道があったことは既にこのブログでも紹介済みです。

Appendix

最新記事

カテゴリ

プロフィール

MozambiqueKaihatsu

Author:MozambiqueKaihatsu
「モザンビーク開発を考える市民の会」の公式サイトへようこそ!本サイトでは、モザンビークの草の根の人びとの側に立った現地・日本・世界の情報共有を行っています。特に、現地住民に他大な影響を及ぼす日本のODA農業開発事業「プロサバンナ」や投資「鉱物資源開発」に注目しつつ、モデルとされるブラジル・セラード開発についての議論も紹介。国際的な食・農・土地を巡る動きも追っています。

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR