Entries

【共有】三井物産がヴァレVALE社とモザンビーク・テテ州モアティゼ炭鉱合意方向

現地からの報道によると、すでにモザンビーク政府の合意は得ており、炭鉱からナカラ回廊を通ってナカラ港に向かう鉄道の自社鉄道部分の合意をマラウイ政府から得られれば、9月には最終合意となっているそうです。
詳細は、以下に一部を転載した記事でご確認下さい。
http://www.macauhub.com.mo/en/2016/08/01/closure-of-valemitsui-co-agreement-on-mozambique-expected-in-september/
三井物産とヴァレ社との「戦略的パートナーシップ」については、下記の記事で既に紹介しています。
このヴァレ社の鉄道建設によって生じている土地収奪・強制移転の問題についての現地からのビデオ動画についても以下紹介しているので、ご確認下さい。
http://mozambiquekaihatsu.blog.fc2.com/blog-entry-202.html

三井とヴァレが、テテでの炭鉱ビジネスの最終合意に9月に至るということで、モザンビーク政府が先月GOサインを出したと書いてあります。

しかし、7月25日時点の現地では、ソファラ州を通過するヴァレ社石炭輸送貨物列車に対して武装集団による攻撃があり、エンジン室の2名が負傷したとの報道がなされています。6月8日には、二度の攻撃を受けて、ヴァレ社は一旦輸送を止めざるをえなかったとされております。

詳細記事:http://clubofmozambique.com/news/mozambique-war-escalates-joseph-hanlon/

現在、モザンビーク国内の戦闘は悪化の一途を辿っており、その一旦は現地新聞の時系列情報で確認ができます。
http://www.folhademaputo.co.mz/pt/dossiers/tensao-politica-militar-em-mocambique/
マラウイに逃れた1万人を超える難民に加え、300家族が国内避難民となっている見込みです。
http://mozambiquekaihatsu.blog.fc2.com/blog-entry-196.html

モザンビークの政治問題は汚職問題と直結しています。
IMFも支援を緊急停止している状態であり、日本政府と企業のモザンビークへの関与のあり方、とりわけガバナンス悪化への加担、コンプライアンス問題が問われています。

詳細は、外務省・NGO定期協議会並びに財務省・NGO定期協議会の資料をご覧下さい。
NGO・外務省定期協議会(2016年3月3日)
http://www.ajf.gr.jp/lang_ja/ProSAVANA/index_oda.html

財務省・NGO定期協議会(2016年3月15日)
http://www.jacses.org/sdap/mof/gijiroku61-70.htm
議事録 
http://www.jacses.org/sdap/mof/gijiroku/mof61.pdf

配布資料
http://www.jacses.org/sdap/mof/gijiroku/mof61_question.pdf
*6月開催分は追って紹介します。

===========


ヴァレ社と三井物産のモザンビーク案件の最終合意が9月にも完了見込み
Closure of Vale/Mitsui & Co. agreement on Mozambique expected in September
http://www.macauhub.com.mo/en/2016/08/01/closure-of-valemitsui-co-agreement-on-mozambique-expected-in-september/
6:13 CAT | 01 Aug 2016

The agreement signed in 2014 for the Japanese group Mitsui & Co. to enter the coal business of the Brazilian group Vale in Mozambique should be concluded this coming September, said the head of the mining group, Murilo Ferreira.
The process is “in a very advanced stage”, lacking only approval by the government of Malawi, “something that is in the final phase of negotiation” after last month’s approval by the Mozambican government, Ferreira said last Thursday, cited by the Brazilian newspaper Valor Económico.
The Mitsui & Co. group agreed in 2014 to pay US$763 million for stakes in Vale’s projects in Mozambique: the Moatize coal mine and the railway line and port of Nacala. That line begins at Moatize in Tete province, enters Malawi and then crosses back into Mozambique to end at Nacala.
“That approval (by the government of Malawi) is essential to finance the project, at a time when discussions with banks have been completed” and the “document review phase” is now under way, the Vale group president specified.
(後略)
Source: Macauhub
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

MozambiqueKaihatsu

Author:MozambiqueKaihatsu
「モザンビーク開発を考える市民の会」の公式サイトへようこそ!本サイトでは、モザンビークの草の根の人びとの側に立った現地・日本・世界の情報共有を行っています。特に、現地住民に他大な影響を及ぼす日本のODA農業開発事業「プロサバンナ」や投資「鉱物資源開発」に注目しつつ、モデルとされるブラジル・セラード開発についての議論も紹介。国際的な食・農・土地を巡る動きも追っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR