Entries

【紹介】プロサバンナに関する学会報告

プロサバンナに関する学術大会(学会)報告予定(2013年5月~6月)


■日本アフリカ学会(2013年5月25日-26日)@東京大学
5月26日午後~
「グローバル下アフリカにおける農業投資と政府開発援助の一考察:セラード開発とプロサバンナ事業の比較から」(舩田クラーセンさやか、東京外国語大学)
議事要旨→http://afriqclass.exblog.jp/17693231/

■国際学会(2013年5月30日ー31日)@京都大学
"Legal and Development Implications of International Land Acquisitions"
http://www.lawanddevelopment2013.org/
プログラム
http://www.lawanddevelopment2013.org/index.php/program
アフリカにおける土地争奪問題の専門家が基調講演するほか、世界中の土地争奪問題が議論されます。
全体セッションⅡでプロサバンナを取り上げます。
“Competing Frameworks and Perspectives on Land Property and Land Markets”
①Indigenous People in Latin America and the Right to Non-Renewable Natural Resources: The Bolivian Case
Lorena Ossio Bustillos, Max-Planck-Institute for Social Law and Social Policy, Germany
②Land Acquisition by Foreign Agribusiness in Northern Mozambique through Triangular Cooperation with Japan and Brazil: An Analysis of Shifting Discourses
Sayaka Funada-Classen, Tokyo University of Foreign Studies, Japan
要旨→http://afriqclass.exblog.jp/17693361/
③Large-Scale Land Acquisition in Sub-Saharan Africa: Evaluating the Policy-Practice Divide 
Laura German, University of Georgia, USA

■国際コモンズ学会第14回世界大会
14th global conference of the International Association for the Study of the Commons
http://iasc2013.org/jp/
Law and Land Grabbing: Law for Commerce or Commoners?"
(Large-scale land acquisitions, resource grabbing, legal and regulatory frameworks)

●ORGANIZER and Co-CHAIR
Dr. NEEF Andreas (Kyoto University)
Dr. ALDEN WILLY Liz (Consultant, Kenya)
●Presentation
Dr. BRÜNTRUP Michael (German Development Institute:DIE)
Dr. FUNADA CLASSEN Sayaka (Tokyo University of Foreign Studies)

詳細→http://afriqclass.exblog.jp/17693686/

■国際開発学会 第14回春季学術大会@宇都宮大学
http://kokutvkaigi.mine.utsunomiya-u.ac.jp/jasid14/schedule.html

原発事故から2年、第5回アフリカ開発会議(TICAD V)年に問い直す開発と発展
「アフリカにおける経済成長と内発的発展~グローバル農業投資と農民主権」
【主催】TICAD市民社会フォーラム(TCSF)有志・大会実行委員会
【共催】宇都宮大学国際学部附属多文化公共圏センター 
【協力】JASID「原発震災から開発・発展を考える」研究部会

●報告者 (座長:大林稔)
1.「311以後の東北農業~農民を根なし草にしようとする政策と抵抗する農民」(谷口吉光、秋田県立大学地域連携研究推進センター)
2.“Legal and Ethical Implications of Land Grabbing"(アンドレアス・ニーフ、京都大学)
3.「農業投資と農民主権~種から考える」(西川芳昭、龍谷大学)
4.「農業開発援助と農民主権~モザンビークを中心に」(舩田クラーセンさやか、東京外国語大学)
■コメンテイター 
・熊代輝義(JICA農業農村開発部長)
・西川潤(前国際開発学会会長)

概要→http://afriqclass.exblog.jp/17689246/
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

MozambiqueKaihatsu

Author:MozambiqueKaihatsu
「モザンビーク開発を考える市民の会」の公式サイトへようこそ!本サイトでは、モザンビークの草の根の人びとの側に立った現地・日本・世界の情報共有を行っています。特に、現地住民に他大な影響を及ぼす日本のODA農業開発事業「プロサバンナ」や投資「鉱物資源開発」に注目しつつ、モデルとされるブラジル・セラード開発についての議論も紹介。国際的な食・農・土地を巡る動きも追っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR