Entries

【日本語仮訳】ナショナル公聴会への現地市民社会声明

先日英語版を掲載しましたが、仮訳が完成したのでこちらも掲載いたします。

プロサバンナ事業による形だけの公聴会
〜もう一つの操られた対話プロセス

【日本語仮訳】

 去る2015年6月12日に、マプート市のジョアキン・シサノ国際会議センターにて、プロサバンナ事業によるナショナル・レベルの「公聴会」が開催されたが、これは先駆けて4月と5月に行われた、郡レベル、ナンプーラ、ニアサそしてザンベジア州の州都での「公聴会」と同様の傾向を帯びたものとなった。マプートでの集会は、ジョゼ・パシェコ農業食料安全保障大臣の司会進行と主導によって行われた。

 2006年7月19日付/省令130号「環境影響評価における公衆参加のプロセス要綱」を含めた公聴会関連の規則に準拠すれば、プロサバンナ事業に関する公聴会プロセスのすべてにおいてこれらの規則が遵守されなかったことが明らかになってきている。
 
 重要な点として、ジョゼ・パシェコ大臣の主導による公聴会は、少なくとも次の2つの原則に反して実行されことを、ここに明記せねばならない。

1.独立性の原則。「公聴会や協議の過程において、(当該事業により)影響を受けたり意見を有するすべての人たちの懸念を反映した環境が作り出されなければならず、ある特定の利害や意見を持つ人々によって独占されることを防がねばならない」。

2.責任性の原則。「公聴会や協議の過程は、誠実かつ責任あるやり方で行われ、すべての関係者の懸念が代表されなければならない」。

 農民や市民社会組織の代表が、この「公聴会」の法的正当性にかかわる質問を挙げていたにもかかわらず、大臣はそれを無視する姿勢を取り、公聴会は進行を妨げられてはならず、参加を希望しない者は退出せよ、と言い切った。

 パシェコ大臣のそのような姿勢によって、会場は緊張と、不快感そして不信感で覆われた。そして、同大臣は、プロサバンナ事業は農業を国家開発の一つの支柱と考える政府の優先順位の高い事業であり、「どんな障害があろうともこれらを乗り越え、この事業を遂行する」と威圧感に満ちた口調で主張した。

 さらに大臣は、非常に傲慢で大げさで恐怖を煽るような姿勢で、出席者らに愛国的な主張のみ行うことを命じ、反対意見や反対運動は許されないと述べた。このような行動は、国際人権規約(社会権規約)の自由合意条項に著しく反している。この条項は人々がいかなる抑圧や脅威からも自由であることを明示し、モザンビーク国が締約しているすべての国際条約や規約の中に含まれており、「土地、漁業と森林の権利に関する責任あるガバナンスについてのボランタリーガイドライン」と並んで重要な原則である。

 このような状況により、プロサバンナ事業に関する論争が、再びモザンビーク社会のあらゆる層で巻き起こった。これは、この事業が不正に満ちたやり方で秘密裏に進められてきたということだけではなく、結局この事業がモザンビーク社会の現実と期待に反するものであったという事実によって生じた論争であった。モザンビーク農業食料安全保障省の高官らの多くが、明らかに訓練された形でプロサバンナ賞賛のプレゼンテーションやスピーチを行ったことも、悪い印象を広める結果となった。

 このマプートでの集会の開催手法からもわかるように、この公聴会は、どのような意見や期待があろうとも、そして市民社会の真の参加がなかろうとも、ただプロサバンナ事業を正当化するためだけに、用意周到に仕組まれ、計画されたものであった。結局のところ、この公聴会は、ブラジル及び日本の両国政府の民主主義的な機関、たとえば法務当局や国会が、この問題の多い三角協力事業について、モザンビーク政府に基本的原則に従って進めるよう求めているため、あえて行われただけのものであった。一例を挙げると、ブラジル連邦検察局は、プロサバンナ事業の推進に直接携わる政府の2機関、つまりブラジル国際協力庁(ABC)並びにブラジル農牧研究公社(EMBRAPA)に対して、モザンビークの農民と3か国の市民社会組織によって申し立てられた不正について調査を行うよう命じている。

 プロサバンナ事業の公聴会プロセスにおいては、抑圧的な形で集会を実施するためにあらゆる努力がなされ、その条件が整えられたにもかかわらず、実際は政府が意図した通りには進んでいない。なぜなら、農民や市民社会は、だまされたり脅されたりせずに、このような画策に懸命に抗っているからである。しかし、マプートでは、大臣による根拠のない脅しにより、一部の出席者の発言の権利すら奪われる結果となった。そのため、農民を含む市民社会のメンバーたちは、退席し、会場を後にした。公聴会のすべての過程で顕著となった不正に抗議するためであった。それ故、きちんとした形による法に則った公衆との協議は一切行われなかったという真実が、ここで報告されなければならない。

 プロサバンナ事業はいかなる正当性も持ちえない。なぜなら、法律に準じた手続きが何一つ行われておらず、ナカラ回廊の小農社会と小農組織を中心として、モザンビーク社会の広い層から根源的に拒否されているからである。また、事業をめぐる深刻な不正や本格的に始動した際に想定されるネガティブな結果から考えても正当化されえない。

 私たちはモザンビーク政府が、依然として法を犯し続け、妥協のないやり方で人々の権利、つまりモザンビーク社会が憲法を通して獲得した諸権利を踏みにじり、ほとんど小農コミュニティの住民で構成される450万人以上のモザンビーク国民に深刻でネガティブな影響を与えるブラジルと日本との三角パートナーシップ事業を押し付け続けていることを残念に思うとともに、これを拒否する。

 それ故、私たちはここに、プロサバンナ事業マスタープラン・ドラフトゼロに関わるすべての公聴会プロセス、そして参加者に対して行われた人権侵害を公式に非難する。

・同様に、私たちは、プロサバンナ事業が、その構想段階から現在まで、依然として理も非もなく、正道を踏み外した形で断行され続けていることを非難する。

・私たちは、プロサバンナ事業が、真に農業開発事業として相応しいインクルーシブなプロセスを構築するよう受けてきた勧告を、ことごとく踏みにじり続けていることを厳しく非難する。

・私たちは、小農家族による農業、食料主権、エコロジーの調和にリスクをもたらし、地元コミュニティの土地の権利を脅かすような、私たちが抱える現実に適さない、いかなるプログラムの輸入も拒否する。

 以上に理由から、私たちは、今回問題となっている国レベルの公聴会、そしてすでに問題となってきた郡レベル、州レベルで行われた公聴会を、取り消し無効とすることを要求する。その上で、私たちは、国民の知る(情報アクセスの)権利、透明性並びに公共参加の原則に関わる法律に基づいて、今回のマスタープランの構想を導いたすべての関連文書の公開を請求する。

2015年6月17日
農村コミュニティ開発のためのアカデミックアクション (ADECRU)
コミュニティへの司法支援協会 (AAAJC)
カトリック・ナンプーラ大司教区・正義平和委員会
女性フォーラム
環境正義 (JA!)
モザンビーク人権リーグ (LDH)
リヴァニンゴ
女性世界マーチ
全国農民連合 (UNAC)


********************
【英語版】
The Seemingly Public Hearing of the ProSavana Program – Yet another Phoney Dialogue Process



Similarly to what happen in April and May at district level and in the capitals of the Provinces of Nampula, Niassa and Zambézia, on the 12th of June 2015, the Joaquim Chissano Conference Centre, in Maputo, was the chosen venue for the nationwide “Public Hearing” meeting of the ProSavana Program. The meeting was lead and moderated by the Minister of Agriculture and Food Security, José Pacheco.

Taking in consideration the regulations about public hearings, including the “General Directive for the Public Participation Process in Environmental Impact Evaluations Processes” approved by Ministerial Diploma nr. 130/2006, July the 19th, it becomes obvious that these regulations have not been followed in all of the public hearing process of the ProSavana Program.

It is important to highlight that at least two fundamental principles were violated during the public hearing session moderated by José Pacheco:
  1. The Principle of Independence, which defends that “in the process of public hearing and consultation, conditions must be created so that the result may reflect the real concerns of those affected and involved, and not be dominated by any particular interest, alien to the process” and;
  2. The Principle of Responsibility, which defends that “the public hearing and consultation process must represent in a faithful and responsible manner, the concerns of all intervenients”.

Despite the questions raised by the peasants and civil society organizations representatives regarding the legality of the “hearing”, the Minister ordered that the session should carry on and said that those who did not wish to participate were welcome to leave.

The Minister created a tense, uncomfortable and distrustful setting when he stated that ProSavana was conceived having in mind the fact that agriculture is one of the pillars supporting the development of the country that the government prioritizes. “We stand by this mission firmly and we will run over every obstacle and carry on” – said the minister in a menacing tone.

Worse than that, in an arrogant, overbearing and threatening manner, the Minister ordered the participants to stick to patriotic comments, stating also that obstructive comments and obscure agendas would not be tolerated. Such act was in severe violation of the Universal Human Right Principle of Free Consent, which stands for a participation free from coercion and intimidation, and which is a part of all international treaties and conventions undersigned by Mozambique, including the Voluntary Guidelines on the responsible Governance of tenure of land, fisheries and forests.

This is how yet another debate about a polemic program that has been dividing opinions across all segments of Mozambican society (not only due to the irregular and secretive way it is being implemented, but mainly due to the fact that the program does not accommodate our needs and expectations) has started. The presence and the rehearsed speeches praising the program of many of the Ministry of Agriculture and Food Security high-ranking members were notorious.

The way this Maputo session took place, made it clear that this public hearing was orchestrated and planned to the detail in order to, once again, regardless of the opinions, expectations and the real participation of civil society and affected communities, try to legitimize ProSavana. Maybe it was a condition posed by the Brazilian and Japanese governments, whose democratic institutions, like the State Prosecution and Parliament, respectively, have been demanding that they follow all fundamental rules if they wish to proceed with this problematic triangular partnership. For example, it is known that Brazil’s Federal Prosecutors Office has set up an inquiry to the Brazilian Cooperation Agency (ABC) and to the Brazilian Agricultural Research Agency (EMBRAPA) – two institutions through which that country participates directly in the execution of ProSavana – to investigate the allegations of irregularities that have been made by peasants and civil society organizations of these three countries.

Despite the fact that the conditions were set to, once again, manipulate the public hearing process, the plan did not go as planned, since the farmers and civil society were not fooled nor intimidated and vehemently contested such pretensions. Nevertheless, due to the unfounded threats of the Minister and as a result of his decision to keep some of the participants from speaking, civil society members, including the peasants, left the meeting room as a form of protest to all the irregularities of this process. Therefore, truth be told, there was no public hearing in conformity and as stipulated by the law.

The ProSavana Program has no legitimacy because it does not abide to the law and because it is fundamentally rejected by wide sectors of Mozambican society, mainly by peasant communities and organizations of the Nacala Corridor, and due to the serious irregularities and potential negative consequences it may cause if it gets to be effectively implemented.

We regret and repudiate the Mozambican governments persistence in breaking the law, opposing in an intolerant manner to our rights and to our social and constitutional conquests, imposing on us a triangular partnership with Brazil and Japan that will seriously and negatively impact directly on over 4.5 million Mozambicans, most of which from peasant and rural communities.

Hence, we come forward to publicly denounce all the public hearing process of ProSavana’s Masterplan Draft Zero, including the participants Human Rights violations and;
 ・We also denounce the perverse way this program has been conducted since it was created;
 ・We condemn its continuous and persistent violation of the precepts that guide what should be a       process to build a true agricultural development program in an inclusive manner;
 ・We reject the importation of a program that is inadequate to our reality and that endangers peasant family agriculture, food sovereignty, ecological balance and rights of local communities over the land.

Thus, we demand that, on one hand, the public hearing in question, as well as those which already took place at district and provincial levels, be declared void and invalid for all that we have mentioned above; and on the other hand, that all the methodological documents that guided the elaboration of the Master plan be made public in accordance to the Information Act and to the principles of transparency and public participation as stipulated by the law.

Resistiremos sempre!



Maputo, 17th of June 2015
Acção Académica para o Desenvolvimento das Comunidades Rurais (ADECRU)
Associação de Apoio e Assistências Jurídica às Comunidades (AAAJC)
Comissão de Justiça e Paz da Arquidiocese de Nampula
Fórum Mulher
Justiça Ambiental (JA!)
Liga Moçambicana dos Direitos Humano (LDH)
Livaningo
Marcha Mundial das Mulheres
União Nacional de Camponeses (UNAC)
スポンサーサイト

Appendix

最新記事

カテゴリ

プロフィール

MozambiqueKaihatsu

Author:MozambiqueKaihatsu
「モザンビーク開発を考える市民の会」の公式サイトへようこそ!本サイトでは、モザンビークの草の根の人びとの側に立った現地・日本・世界の情報共有を行っています。特に、現地住民に他大な影響を及ぼす日本のODA農業開発事業「プロサバンナ」や投資「鉱物資源開発」に注目しつつ、モデルとされるブラジル・セラード開発についての議論も紹介。国際的な食・農・土地を巡る動きも追っています。

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR