Entries

【記録】安倍首相のモザンビーク訪問同行企業一覧と事業(三ツ矢副大臣訪問を受けて)

2014年1月の安倍首相のモザンビーク訪問で合意された「ハイレベル政策対話」「官民合同対話」が、7月29-30日モザンビークで開催されました。同行企業は18社と報道されています。

現在全社名が明らかになっている安倍首相の訪問への同行企業の名前と、各企業のモザンビークで展開中(予定)の事業について調べた結果です(2014年8月8日現在)。調査を続け、このページを更新していきます。

2014年7月29日-30日
三ツ矢外務副大臣のモザンビーク訪問概要(外務省サイトより)

http://www.mofa.go.jp/mofaj/afr/af2/mz/page22_001228.html
 三ツ矢副大臣はマプトにおいて開催された第一回日・モザンビーク・ハイレベル政策対話及び官民合同対話に参加するため7月29日及び30日,首都マプトを訪問しました。本対話は,1月の安倍総理の同国訪問の際に合意された幅広く互恵的な「友情(AMIZADE:アミザーデ)パートナーシップ」の下,両首脳間による共同声明において新たに立ち上げられた枠組みです。モザンビーク側からは,それぞれコロマ外務協力副大臣,インローガ商工大臣が出席し,友好的な雰囲気の中,活発かつ有意義な議論が行われました。また,本対話の重要性に鑑み,今後とも本対話を継続し,第二回ハイレベル政策対話及び官民合同対話の早期実施に向けて,今後外交チャネルを通じて両国間で調整していくこととなりました。なお,次回の対話は日本での開催が予定されています。

(2)第一回日・モザンビーク・ハイレベル政策対話
 続いて,三ツ矢副大臣は約60分間,第一回日・モザンビーク・ハイレベル政策対話に出席しました。両国の関係省庁が同席する中,モザンビーク側からは,モザンビークの経済状況やセクター毎の概要,議題等につき説明が行われました。日本側からは,TICADによる官民の取組によるアフリカ支援パッケージや安倍総理訪問の際に表明したナカラ回廊を中心とした「日・モザンビーク相互成長支援パッケージ」,若者の人材育成に貢献するABEイニシアティブや天然ガスや石炭の開発促進に向けた人材育成支援等の具体的な取り組みについて説明するとともに着実にこれら施策を実施していることを説明しました。

(3)第一回日・モザンビーク官民合同対話
 同日に行われた日・モザンビーク官民合同対話では,日本から18社の企業が参加し,両国の官民関係者はモザンビークにおけるビジネス環境整備及び更なる投資促進・円滑化に向けたビジネス関係の強化のための意見交換を行いました。三ツ矢副大臣は本対話の冒頭において,日・モザンビーク投資協定が本30日に効力発効のための外交上の交換を了し,8月29日に発効することを発表しました。本協定は我が国にとってサブサハラ諸国初の投資協定であり,本協定の発効により,日・モザンビークの間の投資が促進されるとともに,両国間の経済関係が一層緊密化することが期待されています。また,日本企業よりは,各社の活動等につき説明するとともに,同国でビジネスを進める上で直面している課題等についても共有しました。三ツ矢副大臣からは,日本企業が直面する課題のリストを今後モザンビーク側に提示するので,両国が協働して課題解決に向け努力していきたい旨述べました。本対話を通じて,両国間の更なる民間ビジネス関係強化が期待されます。また,三ツ矢副大臣は29日,ムティッセ運輸通信大臣と会談し,日・モザンビークの二国間関係,ナカラ回廊開発等幅広い分野に関する意見交換を行いました。

==================
安倍首相のアフリカ訪問に同行した企業・社長のリスト並びに現地で行われている(予定)の事業
外務省サイト:http://www.mofa.go.jp/mofaj/afr/af2/mz/page24_000187.html

【参照ソース】
1)産経新聞(2014年1月11日)

日本 アフリカ市場に照準 人材育成で欧米中と差別化 資源・小売り・投資 本格進出
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140111/fnc14011109000001-n1.htm

2)日刊建設工業新聞

安倍首相アフリカ訪問に建設企業同行/マリコンなど、投資フォーラムで技術紹介 [2014年1月9日1面]
http://www.decn.co.jp/?p=3732

3)衆議院議員佐々木憲昭氏のHP

http://www.sasaki-kensho.jp/hunsenki/140211-105721.html

●2014年1月10日~14日 コートジボワール、モザンビーク、エチオピア
経団連サブサハラ地域委員会委員長ら47企業・団体、121人。建設、石油・化学・資源、金融機関が目立つ(佐々木議員)


【食品加工】
1. 味の素 伊藤雅俊社長(*現地市場)

http://www.ajinomoto.com/jp/?scid=av_ot_pc_cojphead_company
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140111/fnc14011109000001-n1.htm

2. 不二精油 (大豆生産・輸入)

http://www.fujioil.co.jp/
http://www.fujioil.co.jp/fujioil/approach/society.html

【総合商社(鉱物資源開発・農業開発を含む)】
3. 双日(操業中・マプト回廊を使った木材チップ加工輸出)

http://www.sojitz.com/jp/
http://www.sojitz.com/jp/news/2008/03/20080310.php

4. 豊田通商 清水順三会長(タイヤ組み付け、部品製造物流事業  農業)
http://www.toyota-tsusho.com/
http://business.nikkeibp.co.jp/article/interview/20140109/257992/?P=2
http://s.marsfinder.jp/toyota_tsusho__ja_all__ja_all/search.x?q=%E3%83%A2%E3%82%B6%E3%83%B3%E3%83%93%E3%83%BC%E3%82%AF&ie=utf8

5. 日鉄住金物産(石炭輸送)
http://www.log.nssmc.com/

6. 丸紅(モザンビーク国営石油とメタノールからガソリンを製造する事業 2014年1月覚え書、電力インフラ?)

http://www.marubeni.co.jp/
http://www.marubeni.co.jp/news/2014/release/00007.html
*天然ガスからエタノール取り出しは三菱重工。日本への輸送は商船三井等。

7. 三井物産 飯島彰己社長 (天然ガス開発、化学肥料生産)

8. 三菱商事 小林健社長 (MOZAL *アルミニウム精製) 

【鉱物資源開発・プラント開発】
9. 新日鐵住金(テテ州モアティゼ郡でレブボー鉱山開発中)
http://www.nssmc.com/
http://www.nssmc.com/news/20140121_100.html

10. 日揮(LNG基本設計役務)

http://www.jgc.com/jp/
http://www.jgc.com/jp/05_ir/pdf/annual_rpt/2013/jgc_ar2013j_fp.pdf

11. 千代田化工建設(ドーハ営業所含む)(2012年天然ガス液化諸設備の基本設計業務)

https://www.chiyoda-corp.com/
http://www.chiyoda-corp.com/news/2012/pdf115kb.html

【ゼネコン】
12. 海外建設協会(加盟企業3社がモザンビークで操業中)

http://www.ocaji.or.jp/

13. 鹿島建設

14. 五洋建設(ナカラ港修復)

http://www.penta-ocean.co.jp/

15. 清水建設(ドバイ営業所含む)


16. 東亜建設工業

17. 東洋建設

【物流】
18. 上組(ドバイ支店含む)

http://www.kamigumi.co.jp/
http://www.kamigumi.co.jp/common/pdf/news/press_2014020301.pdf

【重工業機器】
19. IHI

http://www.ihi.co.jp/

【機材】
20. 三菱航空機

21. ヤマハ発動機

【銀行】
22. 欧州三井住友銀行(ヨハネスブルグ支店含む)


23. 三井住友銀行 国部毅頭取

24. 三菱東京UFJ銀行

25. 三菱UFJファイナンシャル・グル―プ

【大学】

26. 秋田大学

27. 愛媛大学

28. 筑波大学

【公的機関】
29. JICA(国際協力機構)


30 JBIC(国際協力銀行)

31. JETRO(日本貿易振興機構)

32. 国際農林水産業研究センター

33. 国立国際医療センター

34. JOGMEC(石油天然ガス・金属鉱物資源機構 (ボツワナリモートセンター含む)

====================================
English
Japanese enterprises accampanied PM Abe's 3 African countries (Ivory Coast, Ethiopia and Mozambique) from 10 to 14 Jaunary, 2014.


*Info. regarding especially on Mozambique.
*47 Companies and agencies, 121 people.

Another delegation was sent from Japan in the end of July, 2014.

http://www.macauhub.com.mo/en/2014/07/29/japanese-business-mission-visits-mozambique-to-study-investment-opportunities/
"The mission includes 18 companies from the trade, engineering, banking, construction, industry and consultancy sectors including the Mitsubishi Corporation, Mitsui & CO.,LTD, Bank of Tokyo – Mitsubishi UFJ, Ltd, Nippon Steel & Sumitomo Metal Corporation and the Toyota Tsusho Corporation."

【Food& Agriculture】
Ajinomoto Group

http://www.ajinomoto.com/en/?scid=av_ot_pc_cojphead_global

Toyoda Tsusho (Agriculture)
http://www.toyota-tsusho.com/english/
http://www.ttaf.co.za/index.php?option=com_content&view=article&id=118&Itemid=147

<=Itochu didn't join this delegation.

【Wood Chip】
Sojitsu Corporation (Wood Chip along Maputo Corridor)

http://www.sojitz.com/en/
http://www.sojitz.com/en/news/2011/07/20110701.php

【Coal related】
Nippon Steel & Sumitomo Metal
http://www.nssmc.com/en/index.html
http://www.nssmc.com/en/news/20140121_200.html

NIPPON STEEL & SUMIKIN LOGISTICS CO.,LTD (Logistics for Coal)
Promotion of a Mozambique Coking Coal Development Project by the Nippon Steel Group (Announced in October 2010).

【Natural Gas/ANADARKO related】
Mitsui Busssan (LNG with ANADARKO, Fertilizer production in the Nacala Corridor region)

JGC Corporation (Nikki) (LNG Plant design for Anadarko)
http://www.jgc.com/en/01_about_jgc/index.html
http://www.jgc.com/en/05_ir/pdf/annual_rpt/2013/chapters/jgc_ar13e_review_of_operations.pdf

Chiyoda Corporation (LNG Gas Processing with ANADARKO)
http://www.chiyoda-corp.com/en/index.html
http://www.chiyoda-corp.com/project/en/scope/lng_gas_processing.html

Marubeni (Petromoc to produce Gasolin from Methanol extracted from Natural Gas for Japan)
http://www.marubeni.com/
http://www.marubeni.com/news/2014/release/00006.html

【Other】
Mitsubishi Shoji (MOZAL)


【Energy, Infrastructure, Construction, etc】
IHI
http://www.ihi.co.jp/en/index.html

The Overseas Construction Association of Japan, Inc. (OCAJI)
http://www.ocaji.or.jp/en/

Kashima Kensetsu

Penta-Ocean Construction(Goyo Kensetsu) *Refurbishment of Nacala Port
http://www.penta-ocean.co.jp/english/index.html
http://www.4-traders.com/PENTA-OCEAN-CONSTRUCTION-6494137/news/PENTA-OCEAN-CONSTRUCTION-CO-LTD--Mozambique--PHASE-I-of-refurbishment-project-at-the-port-of-NA-17911134/

Shimizu Kensetsu

Toa Kensetsu Kogyo

Toyo Kensetssu

【Logistics】
KAMIGUMI

http://www.kamigumi.co.jp/english/index.html

【Machinary】
Mitsubihi Kokuki

Yamaha


【Banks】
Europe Mitsui Sumitomo Bank
Mitsui Sumitomo Bank
Mitsubishi Tokyo UFJ Bank
MItsubihi UFJ Financial Group


【Universities】
Akita Univ.
Ehime Univ.
Tsukuba Univ.


【Public Agencies】
JICA(国際協力機構)
JBIC(国際協力銀行)
JETRO(日本貿易振興機構)

国際農林水産業研究センター
国立国際医療センター
JOGMEC(石油天然ガス・金属鉱物資源機構


==
According to OCAJI's site, these 3 Japanese companies have offices in Mozambique.
http://www.ocaji.or.jp/en/members/

(株)鴻池組
鴻池組・大豊建設イレ・クアンバ道路橋整備(2013年12月ー 無償資金協力)
http://www.jica.go.jp/activities/schemes/grant_aid/state/ku57pq00001jwmxa-att/result2013_05.pdf
五洋建設(株)
大日本土木(株)

Dai Nippon Construction
Konoike Construction Co., Ltd.
Penta-Ocean Construction Co., Ltd.
スポンサーサイト

Appendix

最新記事

カテゴリ

プロフィール

MozambiqueKaihatsu

Author:MozambiqueKaihatsu
「モザンビーク開発を考える市民の会」の公式サイトへようこそ!本サイトでは、モザンビークの草の根の人びとの側に立った現地・日本・世界の情報共有を行っています。特に、現地住民に他大な影響を及ぼす日本のODA農業開発事業「プロサバンナ」や投資「鉱物資源開発」に注目しつつ、モデルとされるブラジル・セラード開発についての議論も紹介。国際的な食・農・土地を巡る動きも追っています。

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR