Entries

【議事録】院内集会(11/28)「日本が推進する経済開発モデルと人々の暮らしへの影響」 第二部(その2)

コメント:贄川恭子さん(WE21 ジャパン 理事) みなさんこんにちは。私も皆さんと同じように今日これまでお話を伺って非常に衝撃を受けています。私は今日、WE21を代表していています。WE21は神奈川を中心に56のチャリティーショップを運営しています。毎日そこでお買い物に来る市民の方たちと交流する場を持っていますので、本当に市民の目線で、また市民の感覚でコメントさせていただきたいと思います。私たちの団体が最初に...

【仮訳】理事長宛「公開書簡」へのJICA回答への「返事」

プロサバンナにノー キャンペーンJICA(国際協力機構)理事長北岡伸一殿JICA理事長宛「公開書簡」(プロサバンナ事業におけるモザンビーク社会へのJICAの活動への抗議文)へのステートメントについての回答「プロサバンナにノー キャンペーン」は、貴機構からの上記に関するステートメントを受けとりました。誠に残念ながら、以下を表明いたします。1. 貴機構の当該ステートメントは、「公開書簡」で示された懸念と疑問に応える...

「プロサバンナ〜フィリプ・ニュシ大統領が日本に持って行った『靴の中の石』」

「プロサバンナ〜フィリプ・ニュシ大統領が日本に持って行った『靴の中の石』」ついにこの問題に国際メディアが注目し始めています。昨日(2017年3月13日)、ドイツ国際放送(ポルトガル語版)で放送されたインタビューが届きました。ポルトガル語なので記事についてGoolge訳を貼付けます。素晴らしくinformativeなインタビューです。ぜひ音声を聞いていただければと思います。1)今回のモザンビーク大統領や農業大臣来日の問題2...

【議事録】院内集会(11/28)「日本が推進する経済開発モデルと人々の暮らしへの影響」 第二部(その1)

【第二部】「ODAは農民に何をもたらしたか?~当事者からの問題提起」1.「先祖帰り」する日本の開発援助 (高橋清貴 / 恵泉女学園大学教授)http://www.ngo-jvc.net/jp/projects/advocacy/data/20161226-prosavana2-1.pdf 2部はプロサバンナ事業に特化をして話がされていきます。JVCの渡辺さんから詳しく話がありますので、僕は軽くお話をさせていただきます。 このプロサバンナ事業は「開発」として行われているわけですが、正...

【議事録】院内集会(11/28)「日本が推進する経済開発モデルと人々の暮らしへの影響」 第一部

院内集会 11月28日(月) 13:00~17:00「日本が推進する経済開発モデルと人々の暮らしへの影響 ~SDG時代におけるアフリカ小農の視点から~」議事録プログラムhttp://mozambiquekaihatsu.blog.fc2.com/blog-entry-214.html(司会 津山直子/ アフリカ日本協議会) 院内集会を開始します。本日は司会を務めます。お手元の資料をご確認ください。まず、最初に今日の院内集会の概要と裏にプログラムが書いてある資料があります。そし...

【解説】モザンビーク大統領来日にあたっての情報提供

本日から4日間の予定でモザンビークのニュシ大統領が初来日されることが発 表されました。http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_004369.html 実務訪問賓客として、天皇皇后陛下とのご会見と安倍首相との夕食会に参加さ れます。 これを受けて、現在のモザンビーク政府やニュシ大統領、そして日本との関わ りの問題についてお伝えいたします。 *なお本年、TICAD(アフリカ開発会議)の閣僚会議がモザンビークで開...

【仮訳】農民組織からSOS「ワークショップ」概要

現地の農民組織よりSOSが入りました。以下のような「ワークショップ」がマプートで開催されるということで、日本とモザンビークの市民社会組織の間で衝撃が走っています。MCSCとは、JICAが自らのコンサルタント企業MAJOL社を使って2016年2月に結成した「市民社会の対話メカニズム」ですが、これについてはこのブログでも紹介してきた通り、現地の農民組織を含む「プロサバンナにノー! キャンペーン」が繰り返し異議を唱えてきた...

【まとめ】JICA・現地NGO不正契約問題

プロサバンナ事業(ProSAVANA-PD)におけるJICAによる調達手続き(コンサルタント契約)に関する不正JICAモザンビーク事務所とNGOソリダリエダーデ・モザンビークとの契約(2016年10月〜2017年3月)作成日:2017年3月7日1. 経緯:一般公示から応札・契約締結まで 2016年8月5日:JICAモザンビーク事務所、「プロサバンナ・マスタープランの見直し」のためのコンサルティング契約に関する一般公募。結果、3社が応札。 同年9月27日...

【報告】国際NGO・GRAIN来日報告会 「土地収奪とアグリビジネス〜油ヤシ・大豆生産とコミュニティinアフリカ・南米」資料

世界銀行や研究者らも注目する土地収奪に関するレポートを執筆してきたGRAINのデブリン・クエック氏が、本年度の地球環境基金の助成事業「アフリカにおける油ヤシ・プランテーション 専業の拡大に対するコミュニティの対応能力強化事業」の成果報告を行うために 来日されました。以下、2月24日に東京にて開催された報告会での、クエック氏 のプレゼンテーションの資料(前半部分)をご紹介致します。是非ご覧ください。http://www....

Appendix

最新記事

カテゴリ

プロフィール

MozambiqueKaihatsu

Author:MozambiqueKaihatsu
「モザンビーク開発を考える市民の会」の公式サイトへようこそ!本サイトでは、モザンビークの草の根の人びとの側に立った現地・日本・世界の情報共有を行っています。特に、現地住民に他大な影響を及ぼす日本のODA農業開発事業「プロサバンナ」や投資「鉱物資源開発」に注目しつつ、モデルとされるブラジル・セラード開発についての議論も紹介。国際的な食・農・土地を巡る動きも追っています。

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR