Entries

【アムネスティが署名募集】モザンビークでの研究者・ジャーナリストの治安維持法違反起訴

悲しいお知らせです。今年1月にゲブーザ政権から同じFRELIMO政権とはいえニュッシ政権が誕生し、色々な面で対話を進める姿勢がみえ、一時的に市民社会の間でも期待が高 まったと ころでしたが、残念ながら3月には憲法学者のシスタック教授の暗殺がありました。詳細→http://mozambiquekaihatsu.blog.fc2.com/blog-entry-148.html今度は研究者と独立新聞の主筆が「 State Security Law」に反したとして起訴されてしまいました。htt...

【参加募集】今、日本が選ぶべき道は石炭なのか?モザンビーク現地報告

7月16日(木)【セミナー】今、日本が選ぶべき道は石炭なのか? −モザンビークの現地報告から日本の石炭推進を考える−2015/07/03気候変動が深刻化する中、化石燃料から脱却することの重要性が強く認識されるようになっています。各国は低炭素社会へと舵を切り始めています。しかし、日本では、石炭火力発電や製鉄業で継続的に石炭を利用しようとしています。石炭火力については、国内で47基もの新規建設が予定されており、海外に対...

【参加募集】第12回ProSVANA事業に関する意見交換会

第12回ProSAVANA事業に関する意見交換会 7月24日開催のご案内マスタープランの発表、モザンビークの農民代表の皆さまの来日を受けて、下記の通り第12回意見交換会を開催いたします。ふるってご参加下さい。【転送・転載歓迎】=======================第12回ProSAVANA事業に関する意見交換会(NGOと外務省/JICAの意見交換会)2015年7月24日(金曜日)17時〜18時30分@外務省*NGO側参加者募集(申込み締切り:7月23日(木・正午)...

Appendix

プロフィール

MozambiqueKaihatsu

Author:MozambiqueKaihatsu
「モザンビーク開発を考える市民の会」の公式サイトへようこそ!本サイトでは、モザンビークの草の根の人びとの側に立った現地・日本・世界の情報共有を行っています。特に、現地住民に他大な影響を及ぼす日本のODA農業開発事業「プロサバンナ」や投資「鉱物資源開発」に注目しつつ、モデルとされるブラジル・セラード開発についての議論も紹介。国際的な食・農・土地を巡る動きも追っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR