Entries

【記録】国際開発学会での発表(農業開発援助と農民主権:ブラジル・モザンビーク)

安倍首相のブラジル訪問を受けて、ブラジル・セラード開発の功罪の議論が活発化することを期待し、以下去年の国際開発学会(於:宇都宮大学)の企画セッションの報告で、関連する部分(セラード農業開発:PRODECER並びにプロサバンナ)について貼り付けています。【新着情報】 第14回春季大会の報告書を宇都宮大学図書館のリポジトリに全セッションの議事録と資料が掲載されました。http://uuair.lib.utsunomiya-u.ac.jp/dspace/han...

【速報】地元紙上での「第二回民衆会議」報道(原語)

7月23-24日までマプートで開催された「第二回プロサバンナに関する三カ国民衆会議」と「プロサバンナにノー! キャンペーン」に関する記事がどんどん増えています。とりあえず原語(ポルトガル語)の記事を紹介します。=====================Vertical (地元独立紙)Ano XII, Maputo, quinta-feira, 24.07.2014 Nº 3.090ONG`s pretendem internacionalizar a campanha Não ao ProSavana(Maputo) As organizações da sociedade civ...

【速報・日本語訳】ドイツ国営放送(DW)のプロサバンナ民衆会議報道

2014年7月23-24日にマプートで開催された「第二回プロサバンナに関する三カ国民衆会議」の報道が続いています。■TIM(地元TV)の動画番組http://mozambiquekaihatsu.blog.fc2.com/blog-entry-109.html■RFI(フランス国際放送)のラジオ番組・記事http://mozambiquekaihatsu.blog.fc2.com/blog-entry-108.html以下は、プロサバンナについて継続報道をしているドイツ国営放送(DW)の最新報道です。一番、会議の様子が分かる良い記...

[Share] Primary-Secondary Sources on Japan's Cooperation: ProSAVANA (Mozambique) and PRODECER (Cerrado)

The following is the list of primary, secondary sources on Japanese International Cooperation: ProSAVANA (Mozambique) and PRODECER (Brazil-Cerrado) cited on: "Post-Fukushima Anatomy of Studies on ProSAVANA" by Sayaka Funada-Classen published on OMR (Observatorio Meio-Rural) from a Mozambican Research Institute in Dec. 2013.English version:http://farmlandgrab.org/uploads/attachment/Observador_Rural...

【再掲】セラード開発のもたらした悪影響に関する発表・報告書

安倍総理のブラジル訪問とセラード開発の賞賛を受けて、急ぎいくつかの講演会・報告書を共有。■印鑰智哉さんの講演会記録⇒http://afriqclass.exblog.jp/16942534/ ■最新のブラジル農業地理学会の出版物⇒www.seer.ufu.br/index.php/campoterritorio/issue/view/1138 ■2013年6月3日に横浜で開催されたPre TICAD V国際シンポジウムでの、ブラジル最大の市民社会ネットワーク組織(FASE)によるプレゼンテーションと報告書。エコノミ...

【速報・記録】モザンビークでの民衆会議に関するCONTAG記事

日本ではあまりに知られていないこれらのブラジルの社会運動の声も、モザンビークの関連のものは積極的に伝えることにしました。なぜか、セラード農業開発やそれを支えた日本の援助(PRODECER)は、日本政府・JICAの宣伝で「成功」とさrているのですが、現地ブラジル社会(学術・市民社会・社会運動)においては、「小農破壊、環境破壊、不平等格差の増大、食料主権の剥奪」で「失敗モデル」とされてきいました。■第1回、第2回プ...

【速報・記録】モザンビークTVでの3か国市民社会記者会見報道(注目!ブラジル社会運動)

モザンビークの地元TVに早速、「プロサバンナに関する三カ国民衆会議」の市民社会会議(23日)の記者会見の模様が報じられていました。去年の「3か国民衆会議」の記者会見の報道や、政府側の主張の報道も見つけましたので、以下紹介しておきます。今年も去年の記者会見の報道も、勿論モザンビークの農民組織(UNAC)の発表にも注目してほしいのですが、ほとんど日本で声が聴かれることのない、「ブラジルの社会運動の声」にも注目...

【紹介】地元TV報道(プロサバンナ3か国民衆会議とNo to ProSAVANA)

■モザンビーク独立系TV局(TIM)のプロサバンナ関連報道http://tim.sapo.mz/sobre-a-tim/1.2014年7月24日「プロサバンナ事業への非難」REPÚDIO AO PROSAVANAhttp://videos.sapo.pt/HblLt7CKALouuEJHZi8s①(プロサバンナ事業について)沢山の問題があるものの、小農の土地の収奪が生じている現状、小農の真のニーズに立欧しておらず、事業についての 情報開示/返事が政府側からないことを受けて、モザンビーク、ブラジル、日本の...

【一括掲載】フランス国際ラジオ放送(RFI)によるプロサバンナ記事4本

こちらは出たばかりのRFI(フランス国際ラジオ放送)の記事です。とてもタイムリーに継続して報道し続けていますね。■RFI(フランス国際ラジオ放送)のポルトガル語放送と記事2013年8月7日「モザンビーク、ブラジル、日本の民衆はプロサバンナに対し立ち上がる」Povos de Moçambique, Brasil e Japão face ao Prosavana http://www.portugues.rfi.fr/africa/20130807-povos-de-mocambique-brasil-e-japao-face-ao-prosavana2014年4...

【紹介】プロサバンナ・ノーのキャンペーンFBサイトと3か国民衆会議の様子

2014年7月23日ー24日まで、モザンビーク、ブラジル、日本の農民・市民社会の代表が参加して行われていた「第二回プロサバンナに関する三カ国民衆会議」が盛会の内、終わったそうです。日本からは3名の市民社会代表と以下の方々が出席したそうです。駐モザンビーク日本大使館:丸橋次郎参事官(次席)駐モザンビークJICA事務所:須藤勝義所長第一回民衆会議には、日本政府代表は一人も参加しなかったことが現地社会で問題化した...

【記録】ODA政策協議会(議題:「安倍総理訪問時のモザンビーク大統領との共同声明」)

以下、「「安倍総理訪問時のモザンビーク大統領との共同声明」についてNGOと外務省が議論した議事録が、外務省のホームページに掲載されたので、該当部分だけ抜粋してあります。==================http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/shimin/oda_ngo/taiwa/oda_seikyo_13_3.html平成25年度(2013年度)NGO・外務省定期協議会「第3回ODA政策協議会」議事次第 日時:2014年2月27日(木曜日) 17時00分~ ...

【記録】プロサバンナに関する質問主意書と政府答弁(2014年6月)

以下、参議院サイトからの転載です。プロサバンナに関する質問主意書と答弁の総合サイト(PDFあり)http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/syuisyo/186/meisai/m186153.htm主意書提出者:石橋通宏議員==========================http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/syuisyo/186/syuh/s186153.htmモザンビーク農業開発のための三角協力プロサバンナ事業に関する質問主意書 現在、政府開発援助(ODA)を...

【記録】プロサバンナ・コンサル機関FGVによるテレビインタビュー記録(英語)

国際NGOの指摘により、ブラジルのアグリビジネス専用テレビ局(Canal Terraviva)で2013年5月3日に放映された番組が、プロサバンナ事業のマスタープラン策定支援プロジェクト(PD)のコンサルタント機関であるFGV(ジェトリオ・ヴァルガス財団)のサイトにアップされていることが分かりました。http://fgvprojetos.fgv.br/noticias/canal-terraviva-entrevista-cleber-guaranyFGVのアグリビジネス部門(Projeto)のコーディネイタ...

【記録】プロサバンナに関する参議院決算委員会審議(14年5月12日)

国会図書館サイトからの転載です。======第186回国会参議院決算委員会-7号 平成26年05月12日石橋通宏議員によるプロサバンナ並びにミャンマー・ティラワの経済特区開発事業に関する質問並びに岸田文雄外務大臣とJICA田中明彦理事長による答弁○石橋通宏君 民主党・新緑風会の石橋通宏でございます。 同僚の大野委員に続きまして質問させていただきたいと思いますが、大野委員も取り上げられましたけれども、今日私も、とり...

【共有】「第二回プロサババンナに関する3か国民衆会議」7月23-24日にマプトで開催

今年も、「第二回プロサババンナに関する3か国民衆会議」が7月23-24日にマプトで開催されます。日本からは、3団体の市民社会代表が参加予定です。ブラジルからも沢山の小農組織・社会運動組織・市民社会組織が参加予定です。主催はUNAC、女性フォーラム、人権リーグ他9団体・ネットワーク・連合です。プロサバンナ対象地の小農の代表らが多数駆け付けるとともに、北部の市民社会組織も多数参加の予定ということです。続報をお待ち...

【参加募集】ODA政策協議会でモザンビークが議題に(参加締切23日)

下記の通り、NGO・外務省定期協議会 ODA政策協議会にて、モザンビーク北部のナカラ回廊開発が議題となっています。また、報告事項として、プロサバンナ事業に関する議案が挙がっています。参加締切は23日(水)までとなっています。参加フォームにご記入下さい。https://docs.google.com/forms/d/1Vj2Wjj3tov7hnSkTG0Byg402aa0ZOte03qt5xf9QJsY/edit#ふるってご参加下さい。=============-平素より、ODA改革ネット...

Appendix

プロフィール

MozambiqueKaihatsu

Author:MozambiqueKaihatsu
「モザンビーク開発を考える市民の会」の公式サイトへようこそ!本サイトでは、モザンビークの草の根の人びとの側に立った現地・日本・世界の情報共有を行っています。特に、現地住民に他大な影響を及ぼす日本のODA農業開発事業「プロサバンナ」や投資「鉱物資源開発」に注目しつつ、モデルとされるブラジル・セラード開発についての議論も紹介。国際的な食・農・土地を巡る動きも追っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR